ポリゴン(Polygon)が提案するハードフォーク実行の移行を発表

ポリゴンが提案するハードフォーク実行の移行を発表

イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンと一緒に動作するセカンドレイヤー(レイヤー2)およびサイドチェーンのスケーリングソリューションであるポリゴン(Polygon)は、2023年1月17日にPoS(Proof-of-Stake)チェーンでハードフォークを実行する意向を発表した事が分かった。

日本語訳:
ハードフォークに備えよう。
Polygon PoSチェーンの提案されたハードフォークは、1月17日にネットワークの主要なアップグレードを行います。
これは、開発者とユーザーにとって朗報であり、UXの向上に役立ちます。
別のことをする必要はありません。

今回の発表は、開発者とユーザーにとってエキサイティングな開発であり、このアップグレードは、ユーザーの満足度を高める合理化されたエクスペリエンスを約束している。ポリゴンは、公式ブログで今後のハードフォークに関する詳細情報を公開。ガススパイクを排除し、再編成を防ぐことでネットワークのパフォーマンスを向上させることを強調していた。

ポリゴンのハードフォークはガス料金を手頃な価格にすることを目指す

ポリゴンPoS チェーンは、最も有名なイーサリアムレイヤー2スケーリングソリューションであり、ユーザーと開発者は、イーサリアムネットワークの信頼性を享受しながら、低いガス料金でより高速なトランザクションを体験できる。

残念なことは、ポリゴンでは多くの場合、大量のネットワーク使用量が発生し、ガススパイクと呼ばれるガス料金の急激かつ大幅な増加につながっている点である。活動が活発な時期にはガス料金が上昇するのが一般的だが、これらのスパイクはブロックチェーンの運用に関しては例外だ。この苦境に対処するためにポリゴンは、「BaseFeeChangeDenominator」を8から16に倍増するハードフォークを提案。この変更によって、基本ガス料金の変化率が12.5%から6.25%に減少するとのこと。

今回発表されたアップグレードによって、ユーザーはオンチェーン活動が活発なときにガス料金が上がることを期待できるものとなっている。

提案されたハードフォークは、チェーンの再編成を安定させる

再編成とチェーンの再編成は、ネットワークの2つの並列バージョンを無期限に作成するため、ブロックチェーンネットワークに深刻な脅威をもたらす可能性がある。

この期間中、トランザクションが重複したり、完全に失われたりするリスクが高まるんため、開会が必要だ。さらに、これらの再編成によってブロックチェーンは、潜在的なサイバー攻撃に対して通常の状況よりもはるかに脆弱(ぜいじゃく)になることにも留意しておきたい。

Polygon PoSチェーンの再編成の可能性を先取りするために開発者は、ブロックの検証時間を短縮し、効果的なトランザクション処理を確保することに取り組んでいる真っ最中である。ブログで述べているように、次のハードフォークによってネットワークのスプリント期間が64ブロックから16ブロックに大幅に短縮。また、現ブロック生産時間の128秒ではなく、32秒以内に新しいブロックを作成できるようになる。ただし、提案されたポリゴンハードフォークが制定される前に、ネットワークメンバーからの検証が必要だ。

1月17日のハードフォーク前に円滑な移行を促進するため、ポリゴンは、既存のインフラストラクチャープロバイダーはすべて、準備のためにノードをアップグレードする必要があると宣言している。さらに、今後のネットワークの変更によってdAppsの運用が影響を受けないことを約束。ポリゴンが報告しているように、MATIC所有者もネットワーク委任者も、提案されたハードフォークに関して何らかの行動を起こす必要はないとのことだ。

The post ポリゴン(Polygon)が提案するハードフォーク実行の移行を発表 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です