マクドナルドが旧正月にメタバースへ参入

マクドナルドが旧正月にメタバースに参入

マクドナルド(McDonald’s)は、デジタルコンテンツクリエイターであるカレンXチェン(Karen X Cheng)氏と協力し、旧正月を祝うインタラクティブなキャンペーンを開始した事が分かった。

マクドナルドは旧正月キャンペーンとして実施される新キャンペーンで、人気デジタルコンテンツクリエーターのカレンXチェン氏と協力。同氏の作品は頻繁に口コミで広まっており、AI(人工知能)やAR(拡張現実)だけでなく、さまざまな最先端技術も取り入れているのが同市の作品の特徴だ。30 秒のコマーシャルでは、チェン氏の子供時代の思い出に基づいて作成されており、視聴者を追加のキャンペーンコンポーネントに誘導するQRコードの行動を促すフレーズが含まれている。AIがマーケティング担当者にとって重要なツールになり始めているときに、NeRF (※1)テクノロジーは広告で使用されます。

(※1)NeRF(Neural Radiance Field)とは…
深層ニューラルネットワークを用いて3Dシーンを表現する技術の事を言う。

マクドナルドの文化的関与戦略のシニアディレクターであるエリザベス・キャンベル(Elizabeth Campbell)氏は、ファーストフードの巨人は、アジア系アメリカ人と太平洋諸島のコミュニティをサポートしながら、「テクノロジーフォワード」イニシアチブが休日を祝うことを望んでいると語っている。

マクドナルドが一連のメタバース体験をリリース

旧正月をすべての人々に活気づけることを目的として、マクドナルドは2023年、多くのメタバース体験を利用できるように動き始めている。

ユーザーは、VR(仮想現実)、AR、3Dアニメーションを通じてさまざまなアクティビティを探索でき、VR動物園、料理コンテスト、ウェイチーや麻雀などの中国伝統ゲームなど、誰もが楽しめるものが用意されている。さらに、マクドナルドは、各ユーザーが世界を探索できる個別化可能な3Dアバターを作成している。ユーザーは、アプリ内メッセンジャーを使用し、友人にメッセージを送信したり、写真の共有もできる。ただし、視聴者はすぐにマクドナルドの公式サイトにアクセスして、メタバースに入ることができる。

カレンXチェン氏について

カレンXチェン氏は起業家であり、デジタルストーリーテラーでもある才能豊かな人物である。

メディアやテクノロジーなど幅広い分野のプロジェクトに貢献しているほか、インタラクティブな体験の開発を専門とする企業であるKaren X Inc.を設立して活躍の場を広げ続けている。同氏は、マクドナルドと協力し、旧正月の楽しくて独創的なメタバースのお祝いを開発。マクドナルドのデジタル世界を通じて、ホリデーシーズンに友人や家族とつながる機会を人々に提供し、その後も忘れられない思い出を作ることを彼女は間違いなく望んでいる。

The post マクドナルドが旧正月にメタバースへ参入 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です