香港証券先物委員会は個人投資家に対する仮想通貨取引の規制へ

香港の規制当局が個人投資家に対する仮想通貨取引の規制へ

香港の規制強局は、1月11日(水曜日)に開催されたアジア金融フォーラムで、個人投資家を「流動性の高い」暗号資産のみの取引に制限するこ計画を明らかにした。

SFC(香港証券先物委員会)のジュリア・レオン・フォンイー(Julia Leung Fung-yee)CEO によると、香港の監視機関はこの地域に仮想通貨規制を導入するために重要な動きを見せている。動きの一部には、個人投資家がライセンス法で「流動性の高い」資産のみを取引できるようにするための仮想通貨候補リストを作成しているという。

さらに、同CEOは11日に開催されたのアジア金融フォーラム(Asia Financial Forum)で、SFC は今四半期後半にコンサルテーションペーパーを発行し、個人投資家が仮想資産を取引するための商品と条件について詳細を説明すると述べた。また、それらと並行してSFC は、仮想資産取引所のライセンス要件に関するガイドラインをリリースする計画も明らかにした。同CEOはさらに、個人投資家が特定の資産のみを取引できるようにすることの制限を強調し、次のように語っている。

一部の仮想資産プラットフォームには 2,000 を超える製品がありますが、個人投資家がそれらすべてを取引できるようにする予定はありません。私たちは、個人投資家が主要な仮想資産の取引のみを許可する基準を設定します。

同CEOは、限定的な詳細を除き、どの特定の仮想通貨が小売取引の最終候補になるのかには言及していない。しかし、Deloitte Hong Kongのデジタル資産リーダーであるロバート・ルイ(Robert Lui)氏は、SFC が個人投資家が取引する最も流動性の高い仮想資産のトップ 10 または 20 を選択する可能性があることをほのめかしている。

仮想通貨への規制に本腰を入れる香港

SFCは投資家保護への関心の一環として、仮想通貨取引所への規制も目指している。

この規制では取引所が内部統制、リスク管理、顧客の資産保護のための適切な保管機関の手配を必要とすることを表明しており、同CEOは次のように語っている。

適切な規制が整っていれば、FTXタイプの崩壊の可能性は香港では起こらないだろう。

仮想通貨規制に加えて同CEOは、香港が環境に優しい金融ハブであることを保証する SFC の計画を明らかにした。上場企業が直面する気候開示リスクを特定するために、SFC が2023年後半に香港証券取引所と別の協議で協力すると述べている。仮想通貨規制の必要性が表面化する一方で、市場は依然としてグローバルな採用を目指している。

The post 香港証券先物委員会は個人投資家に対する仮想通貨取引の規制へ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です