英国財務省はデジタルポンドを検討=仮想通貨ハブの目標を維持

英国はデジタルポンド通貨の協議開始への準備へ突入

英国は、仮想通貨ハブになることを目標に掲げており、デジタルポンドの発行を検討していることから、ステーブルコインでの支払いも規制する必要があると考えている事が明らかになった。

イギリス政府は、国の法定通貨デジタル版の導入を検討していると、アンドリュー・グリフィス(Andrew Griffith)財務長官が議員らに語ったとBBCが報じている。デジタルポンドの属性に関する公開協議が今後数週間で開始されると同財務長官は議会財務省選択委員会に語っており、ロイターの取材に対して次のように語っている。

相談では、これはいつでなく、もしであると言うでしょう。私たちはこれを行うことの必然性に完全には入っていません。

デジタルポンドが引き起こす公共政策問題を正す必要

デジタルポンドは多くの公共政策の問題を引き起こし、政府は「それらを正す」必要があるとグリフィス財務長官は指摘している。

同財務長官は、国家が支援するコインがプライバシーを侵食する可能性があるという懸念に対処し、その設計では当局がマネーロンダリング(資金洗浄)などの犯罪を対象とする手段を超えて個々の取引を追跡することはできないと主張した。さらに同財務長官は、BoE(Bank of England=イングランド銀行)が発行したCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)初のユースケースはホールセール決済である可能性が高いと述べている。しかし、非公開で発行された法定通貨に裏打ちされたステーブルコインが「おそらく最初にそこに到達するだろう」と認めている。同財務長官は英国議会で現在議論されている金融サービスおよび市場法案に言及し、次のように語った。

私たちが制度を確立することを望んでいます。これはFSMB内にあり、ステーブルコインの支払い目的での卸売り使用のためのものです。

英国はEUよりも幅広い仮想通貨規制を採用する可能性

グリフィス財務長官は、一般的な仮想通貨に対する英国の規制アプローチについて、別の協議が開始されることを明らかにした。

EU(欧州連合)は2024年に施行される予定である市場向けの包括的な規則について既に合意しているものの、同財務長官は、英国の規則はさらに幅広く、分散型金融を含む可能性があると指摘。委員会のメンバーとの会談の中で、適切な方法で運用され、適切なバランスを備えた適切な体制を望んでいることを明らかにし、議論の一環として業界参加者との複数の円卓会議を開催することを約束した。

同財務長官の声明は、2022年のビットコイン(Bitcoin/BTC)のような主要仮想通貨の評価の低迷と、仮想通貨取引所FTXのような大規模な市場プレーヤーの崩壊に続く. 進行中の仮想通貨の冬の中で、この分野での消費者保護が精査されている、とレポートは指摘している。

The post 英国財務省はデジタルポンドを検討=仮想通貨ハブの目標を維持 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です