バイナンスがスウェーデンでの営業許可を取得

Binanceがスウェーデンでの営業許可を取得

世界最大の仮想通貨取引所であるBinance(バイナンス)は、スカンジナビア国内でのデジタル通貨の管理や取引などのデジタル資産関連サービスを提供するため、スウェーデン金融監督庁であるスウェーデンFSAから規制当局の承認を受けたことが分かった。

日本語訳:
Hei スウェーデン!
Binanceは、スウェーデン金融監督庁から登録を許可されています。
ヨーロッパ全体でのコンプライアンスへの取り組みを促進するため、この登録により、スウェーデンの居住者は、規制された暗号および Web3 サービスに幅広くアクセスできるようになります。

グローバルな採用にまた一歩近づく

仮想通貨取引所BinanceがスウェーデンFSAからライセンスを取得したことで、同取引所はグローバルな採用にまた一歩近づいた。このニュースは同取引所公式Twitterを通じて発表され、次のように述べている。

ヨーロッパ全体でのコンプライアンスへの取り組みを強化するために、この登録により、スウェーデンの居住者は、規制された仮想通貨およびWeb3サービスに幅広くアクセスできるようになります。

何カ月も続いたスウェーデンFSAとの話し合い

Binanceは、スウェーデンFSA と継続的に話し合いを行っていたため、規制当局の承認を取得するためのプロセスが何カ月も続いていたことを明らかにしている。

このライセンスにより、Binance は最終的に、仮想通貨取引、ステーキング、法定通貨預金を含むがこれらに限定されない、強力な仮想通貨に焦点を当てたサービスをスウェーデン居住者に提供するための完全な法的規制の裏付けを得られた。Binanceのジャオ・チャンペン(Zhao Changpeng)CEO(最高経営責任者)もこの展開に注意を喚起し、世界規模でのリーチの拡大を目指しているため、今回はEU(欧州連合)内での取引所の7番目の規制ライセンスとなるだろうと指摘。BinanceヨーロッパおよびMENAの責任者であるリチャード・テン(Richard Teng)氏は次のように述べている。

こBinance は、規制当局と緊密に連携してグローバル基準を維持するというコミットメントを引き続き示しています。スウェーデンでの登録は、私たちのチームが何カ月にもわたって熱心に取り組んだ結果です。

The post バイナンスがスウェーデンでの営業許可を取得 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です