インサイダー取引で元コインベースマネージャーの兄弟に懲役10カ月の判決

元コインベースマネージャーの兄弟に判決

元Coinbaseプロダクトマネージャーのイシャン・ワヒ(Ishan Wahi)氏の弟ニキル・ワヒ(Nikhil Wahi)氏は、仮想通貨トークンのインサイダー取引のために家族のコネクションを活用したことに対する有罪答弁を受け、10カ月の禁固刑を言い渡されたことが明らかになった。

2022年の7月にニキル氏とイシャン氏の両名は、Coinbaseの今後の上場に関する情報を、公に発表される直前に弟に密告したという疑惑で逮捕されており、これにより、彼は他の投資家が知る前にそれらのトークンに多額の資金を投資することで不当な優位性を与えたとのこと。検察によると、2021年6月までさかのぼって少なくとも14回この方法で取引を行ったニキル氏は、40種類のトークンを取引して約90万ドル(約1.2億円)の利益を生み出すことができたという。

ワヒ兄弟の知人も関与

Coinbaseは2022年5月16日に、こうした不正行為に関与しているのではないかという疑惑から、イシャン氏を呼び寄せており、彼はこの会議の前夜にインドに逃亡しようとしたが、空港のセキュリティに止められている。

また、兄弟の友人であるサミール・ラマニ(Sameer Ramani)氏もこの事件に関与しており、グループが合計で約150万ドル(約2億円)を生み出すのを助けており、彼もまた電信送金詐欺で起訴されたが、現在も逃亡中である。今回のニキル氏の10カ月の刑期は、電信詐欺の加害者が直面しうる最高刑期の20年には遠く及ばないが、それでも実刑を求刑しなかったイシャン氏にとっては残念な結果である。

一方、検察はニキル氏に対しても16カ月もの服役を望んでおり、刑期終了後、ニキル氏はインドに強制送還される予定とのこと。米国連邦検事ダミアン・ウィリアムズ(Damian Williams)氏は判決について次のように語っている。

仮想通貨市場は無法地帯ではないことが明らかになった。違法なインサイダー取引には、いつどこで発生しようとも、現実の結果が伴うのです。

デジタル資産に関する最初のインサイダー取引事件は、2022年6月、NFTオンラインマーケットプレイスのOpenSea元社員ナサニエル・チャステイン(Nathaniel Chastain)氏に対して起こされたものであり、ワヒ兄弟と同様に、チャステイン氏はNFTがOpenSeaによって上場されると知る直前に投資したことで告発された。しかし、チャステイン氏は8月に告発を却下する申し立てをしており、彼の弁護士は、NFTがまだ証券または商品として分類されていないことから、彼は技術的に何の法律にも違反していないと主張している。

The post インサイダー取引で元コインベースマネージャーの兄弟に懲役10カ月の判決 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です