韓国のキムチプレミアムと中国への国際送金に強い関連性

中国向け海外送金調査で韓国のキムチプレミアムと強い相関が発覚

2022年12月に新たに発表された調査によると、韓国のキムチプレミアム、つまり韓国の取引所での仮想通貨の評価額が欧米の取引プラットフォームと比べて異なることは、中国への国際送金の急増と強く関連していることが分かった。

仁川国立大学のイ・チャンユン(Lee Jangyoun)助教授とBoK(Bank of Korea=韓国銀行)のオ・テヒ(Oh Taehee)氏が実施した調査によると、韓国のキムチプレミアムは、中国への海外送金の流入と有意に強い関連性があることが分かった。韓国のキムチプレミアム初の事例は、韓国の投資家間でビットコイン(Bitcoin/BTC)に対する高い需要があったものの、BTCの供給が限られていた2016年に発生したことに注目。キムチプレミアムとは、ビットコインやその他の仮想通貨資産の価格が、欧米の取引所よりも韓国の方が大幅に高いことを指している。

キムチプレミアムは中国での出来事に関連

研究チームは、2016年1月から2021年5月までの間に約1,211の外国為替ビジネスからの中国への海外送金に関する財務データを分析したことを詳述している。

調査は、2021年5月19日にキムチプレミアムが西側の仮想通貨取引プラットフォームの価格よりも20%以上跳ね上がったと指摘。研究論文のなかで次のように付け加えている。

私たちの調査結果は、中国のアービトラージャーが韓国の金融機関をビットコインキャッシングのアウトレットとして使用し、キムチプレミアムが持続的に高かったときに仮想通貨を法定通貨に変換していることを示唆しています。

同調査者は、海外のアービトラージャーのプレミアムと、増加の大部分が中国での出来事に関連していたことを示唆。例えば…、同調査では、中国が仮想通貨を禁止する一方で、韓国や米国などの国が業界を規制することを決定したと詳述しており、中国のアービトラージャーは国外でしか仮想通貨を現金化できなかったと、述べたうえで次のように語っている。

この論文は、株式、債券、外国為替、実体経済など、直接影響を与える重要な要因を調整した後、キムチプレミアムが中国への送金の急増と正の関係にあることを示しています。調査結果が世界の暗号通貨市場の複雑さを示しており、投資家を保護するために国際基準と共通の規制が必要であり、韓国は過剰需要を利用する仮想通貨裁定トレーダーの標的になっている。

2023年も続くキムチプレミアム

キムチプレミアムは現在も続いており、2023年1月9日(月曜日)、韓国の大手仮想通貨取引所UpbitとBithumbで、ビットコイン価格は、1ユニットあたり約 17,427ドル~ 17,437ドル(約2,304,000円~2,305,000円)であった。

しかし、同時に、CoinMarketCapの価格によると、1BTCあたり17,205ドル(2,274,000円)となっている。これは、BTC をスワップする裁定トレーダーが韓国の取引所で約1.35%のプレミアムを獲得できることを意味し、韓国の取引所での価値と比較して、欧米の取引所でのイーサリアム (ETH) の価格にも差があることを意味する。

BTCのキムチプレミアムは、日本国内の仮想通貨取引所でも定期的に発生しているほか、タイ、香港、ブラジル、マレーシア、フィリピン、チリなどの国でも観察されている。国や地域のビットコインの流動性に応じて傾向は減少しているものの、外国のアービトラージャーは2つの場所間で資金を交換することで利益を得ることができる。

The post 韓国のキムチプレミアムと中国への国際送金に強い関連性 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です