テラ(Terra)とド・グォン氏に対する集団訴訟は自主的に棄却される

Terraとド・グォン氏に対する集団訴訟は自主的に却下される

Terraform LabsおよびTerraの創設者であるド・クウォン(Do Kwon)氏とその関連会社に対してニューヨーク州南部地区裁判所に提出された集団訴訟は、1月9日(月曜日)自発的に却下された事が分かった。

Terraform Labsと同容疑者およびその関連会社に対して2022年8月に提出された集団訴訟では、テラ(TerraUSD/UST)ステーブルコインと ルナ(LUNA)を誤って宣伝、操作、および提供したとして、被告を非難していた。

日本語訳:
ルナ財団とルナの投資家に対する集団訴訟のこの突然の自主的棄却について、仮想通貨メディアが報道するのにどれくらいの時間がかかるのか興味があります

3AC(Three Arrows Capital)共同設立者であるズー・スー(Zhu Su)氏は1月10日(火曜日)のツイートで、Terraform Labs、Luna Foundation Guard、およびその幹部に対する集団訴訟を自発的に却下したことを明らかにした。主原告のマシュー・オルブライト(Matthew Albright)氏は、ニューヨーク州南部地区連邦地方裁判所南部地方裁判所に通知を提出し、この訴訟は被告に不利益を与えることなく、自発的に却下された。

他の訴訟問題は継続中

今集団訴訟では、USTアルゴリズムのステーブルコイン、Terra (LUNA)、およびその他の関連するTerraコインを誤って宣伝したとして被告を非難していた。

さらに、利益が Terraform Labsから被告の個人口座にマネーロンダリング(資金洗浄)されていたときのコインの安定性を売り込んでいる。この動きは、サム・バンクマン-フリード(Sam Bankman-Fried)氏のFTXとアラメダ・リサーチ(Alameda Research)による最近の市場操作と、LUNAトークンの取引の暴露によるものと考えられている。

スー氏とクウォン氏は以前、アラメダ・リサーチと仮想通貨レンダーのGenesisがUST depegとdepeg後のLUNAトークンの空売りを非難している。しかし、Terraform Labsとクウォン氏に対する 2 件の集団訴訟が、法律事務所 Bragar Eagel & Squire, P.C. によって提起された。証券および消費者権利訴訟会社のScott+Scottは現在も訴訟活動を継続している。

The post テラ(Terra)とド・グォン氏に対する集団訴訟は自主的に棄却される first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です