FTX US元社長が今後のインサイダー情報の開示を示唆

FTX US元社長がインサイダー情報開示を示唆

FTX US元社長のブレット・ハリソン(Brett Harrison)氏は、あいまいなままだったFTXの崩壊について知っていたことを「やがて」開示すると述べている事が分かった。

ハリソン氏は、トークンを発行して資金を調達することを好み、公的資金を求めるのではなく、長期間非公開のままでいる現代のテクノロジースタートアップの背後にある動機に疑問を呈し、Twitterを利用。しかし、Twitterwを利用することで同氏は、FTX論争について予想される質問に直面しなければならない状況下に置かれている。

日本語訳:
最近のテクノロジー系スタートアップは、Amazon が行ったように、非常に早期に株式を公開しないのはなぜですか?
関連して、トークンの発行を急いでいる間、企業はどのようにして長期間非公開のままでいたいという欲求を調整するのでしょうか?

2022年9月に辞任した同氏のこれまでの名誉ある地位のため、FTXは依然として仮想通貨業界の原動力であるように見えていたが、同市は即座にコミュニティメンバーから攻撃を受け、取引所の内破に関する情報を求められる結果となった。同氏は、要求された情報を”時間内”に共有すると答え、それまでは固く口を閉ざしている。

ハリソン氏と当局との連携は未確認

ハリソン氏は、なぜ投獄されていないのかと尋ねられた際、沈黙を貫いており、Twitterユーザーに対して自分でそれを理解するように述べるにとどまっている。

また、同氏はFTX崩壊を調査している当局に協力しているかどうかについても尋ねられたものの、政府機関との協力下では、秘密裏に行われる傾向にあるため、この件についても沈黙されたままである。同氏は、現在進行中のFTXトライアルに参加しておらず、規制機関から彼に対する告発も受けていない。FTX USの社長としての地位を辞任して以降は自身の仮想通貨スタートアップへの資金提供を求めており、次のように語っている。

私は、集中型と分散型の両方のグローバル仮想通貨市場への完全な参加と成熟に対する技術的障壁を取り除くことを目標に、業界に残ります。

ハリソンは現在、VC(ベンチャーキャピタル)の資金調達で600万ドル(約8億円)を求めており、スタートアップの価値を6,000万ドル(約80億円)と評価していると伝えられている。

ハリソン氏が手を汚さずにFTX USを去った事実は、同氏が本物の意図を持って取引所に居り、苦労して得た専門知識を有効活用しようとしていることを投資家に認識させるかもしれず、その場合、現在の弱気相場にもかかわらず、資金調達が確保される可能性がある。

一方、FTXの法的問題は、サム・バンクマン・フリード(Sam Bankman-Fried)の管理下にあるRobinhood(ロビンフッド)の資産の差し押さえの可能性などでまだまだ騒動は続いている。FTX の崩壊に関連し、ハリソン氏が持っている可能性のある情報は、間違いなく米国の捜査官によって十分な注意が払われると予想されている。

The post FTX US元社長が今後のインサイダー情報の開示を示唆 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です