仮想通貨決済会社Wyre が全ユーザーに対して最大90%の出金制限

仮想通貨決済会社Wyreが顧客残高90%までの引き出し制限

仮想通貨決済会社のWyre(ワイヤー)は、現在の事業状況により、顧客は口座残高の90%までの引き出し制限をしていることが明らかになった。

日本語訳:
引き出しポリシーを変更しています。お客様は引き続き資金を引き出すことができますが、現時点では、現在の 1 日あたりの制限に従って、各お客様のアカウントに現在ある資金の 90% を超えないように引き出しを制限しています。

同社は1月7日(土曜日)付けのツイートを通して、新引き出しポリシーは、顧客にとって最善の利益のために作成され、Wyreは、引き出しは依然として各顧客の1日の引き出し制限の対象であると主張。また、同社には仮想通貨決済会社が事業を閉鎖する可能性があり、元CEO(最高経営責任者)のイオアニス・ジャンナロス(Ioannis Giannaros)氏は、同社が事業縮小を示唆している。

マクロ経済状況と仮想通貨業界低迷による影響

Wyreは現在、経営体制の変更を発表しており、ジャンナロス氏が会長に就任し、チーフリスクオフィサー兼チーフコンプライアンスオフィスのステファン・チェン(Stephen Cheng)氏が暫定CEOを務めるとのこと。

ジャンナロス氏は、今回分かった新世親引き出しポリシーについて次のように語っている。

私たちは、出金ポリシーを変更します。顧客は引き続き資金を引き出すことができますが、現時点では、現在の1日の限度額に従って、各顧客の口座に現在ある資金の90%以下に引き出しを制限しています。Wyreの更新の詳細は、われわれの顧客とステークホルダーに奉仕し価値を最大化するための最善の位置づけです。

Wyreの問題は、仮想通貨ウォレットMetaMaskとのパートナーシップの崩壊につながったことを示唆し、大きな要因となっている。実際、1月5日(木曜日)にMetaMaskは、ユーザーがデジタルウォレットから直接仮想通貨を購入できるモバイルアグリゲーターからWyreを削除することを発表しており、MetaMaskの責任者は次のように語っている。

われわれは現在、拡張機能の削除に取り組んでおり、あなたの忍耐に感謝します。MetaMaskは、モバイルアグリゲータでWyreを使用しないようにユーザーに求めています。

1月6日の声明によると、Wyreは現在のマクロ経済状況と仮想通貨業界の最近の出来事の影響を受けており、現在の状況を乗り切るための戦略的オプションを検討していることも明らかになっている。2022年の後半には、仮想通貨取引所の相次ぐ詐欺や破産が、エコシステムのほぼ隅々にまで広がる伝染を引き起こしており、信頼できると思われていたいくつかの仮想通貨会社が債務超過に陥っている。Wyreもこれらの影響を大きく受けた企業の一つであり、事業継続のために、90%の引き出し制限を止むを得ずに行っている状況だ。

The post 仮想通貨決済会社Wyre が全ユーザーに対して最大90%の出金制限 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です