レイヤー1オラクルネットワーク Flareがローンチ

本記事はプレスリリースです。本ページに関する内容、情報、商品、その他の題材に関して、それらを支持するものではございません。NEXTMONEYは、本記事における情報、サービス、商品において、これらに関連して生じた損害や損失に対しては直接的、間接的を問わず責任を負わないものとします。

レイヤー1オラクルネットワーク Flareがローンチ

ドバイ、アラブ首長国連邦 – 2023年1月9日 – 他のチェーンやインターネットからのデータを利用してアプリケーションを構築するブロックチェーンFlareは、1月9日午後11時59分UTCに、待望のトークンエアドロップを完了。Binance、OKX、Kraken、Bithumb、UpBit、Kucoin、BitBankなどのユーザーを含む数百万人に42億7,900万のFlare (FLR) トークンを配布、仮想通貨史上最大規模のエアドロップとなった。

今回のエアドロップによって、開発者はFlareのEVMとネイティブデータ取得プロトコルであるState ConnectorとFlare Time Series Oracleを利用できるようになり、Flareにとっては重要なマイルストーンとなる。ネットワークによって保護されたこれらのネイティブプロトコルが、他のブロックチェーンやインターネットからの高信頼性データへの分散型アクセスを提供、新しいユースケースやマネタイズモデルの創造を実現する。

FlareのCEO兼共同創業者であるヒューゴ・フィリオン(Hugo Philion)氏は、次のように述べる。

ブロックチェーン業界を盛り上げるには、さらに便利な分散型アプリケーションが必要である。Flareは、価格だけでなく、取引の詳細やWeb2イベントなどのデータを通じてこれに取り組み、開発者が多くのユーザーに実用性を提供するアプリケーションを構築できるようにする。

またフィリオン氏は次のように続ける。

Flareの目的は、開発者がより多くのデータに安全にアクセスするアプリケーションを構築できるようにすることだ。他のチェーンで行われた支払いや、インターネット/Web2 APIからの入力でFlareスマートコントラクトのアクションをトリガーするなど、新しいユースケースの構築が実現する。また、ブリッジングの新しい方法、特にスマートコントラクト以外のトークンをFlareに導入し、DeFiプロトコルなどのアプリケーションで使用することが容易になる。

FlareのState Connectorプロトコルは、Flareのスマートコントラクトで情報を安全、スケーラブルかつトラストレスに利用することを可能にする。これにより、ネットワーク上で最も強力なクラスのデータを提供し、より多くのクロスチェーンソリューションが構築できる。State Connectorは、分散化された認証者とバイナリフォーキングプロトコルを組み合わせることで悪意のあるデータプロバイダーの大多数の正当性を疑い、その安全性を生み出す。データプロバイダーが価値をステークすることを義務付けられるプルーフオブステークベースのシステムとは異なり、State Connectorのセキュリティはシステムでステークされた金額で制限されることはない。つまり、State Connectorはトランザクションの大きさに対して安全性が不変であり、大量の価値を扱うことができる安全なシステムを提供するのである。

Flare Time Series Oracle(FTSO)は、ネットワーク構造を利用し、中央集権型データプロバイダーに依存することなく、高度に分散化された価格とデータ系列をFlareのDappsに提供する。FTSOは高度に分散化されたデータフィードオラクルであり、約100の独立したデータプロバイダーが、3分ごとに信頼できるデータを提供し、インセンティブを受ける。

Flareトークンの配布は、全公開トークンの最初の15%に相当、残りは36カ月にわたって毎月配布される予定である。残りの85%のトークンの配分は、Flare Improvement Proposal 01 (FIP.01)のコミュニティ投票の結果によって決定する。

Flareについて

Flareは、開発者がブロックチェーンやインターネットと相互運用できるアプリケーションを構築できるレイヤー1オラクルネットワークである。整合性の高いデータへの分散型アクセスを提供することで、新しいユースケースやマネタイズモデルを実現する。

FlareのState Connectorプロトコルは、Flare上のスマートコントラクトで、他のブロックチェーンやインターネットからの情報を安全、スケーラブルかつトラストレスに利用することを可能にする。

Flare Time Series Oracle(FTSO)は、ネットワーク構造を利用し、中央集権型データプロバイダーに依存することなく、高度に分散化された価格とデータフィードをFlare上のDappsに提供する。

ぜひ、これまで以上に多くのデータをFlareで構築し、複数のエコシステムに対応するアプリケーションの構築にFlareを活用していただきたい。

Flareの基本情報

Website | Twitter | Telegram | Discord

The post レイヤー1オラクルネットワーク Flareがローンチ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です