ビットコインマイナーによる販売停止は底値のシグナルなのか

ビットコインマイナーによる販売停止は底値のシグナルか

デジタル通貨市場に特化したベンチャー キャピタル企業であるDCG(Digital Currency Group)を取り巻くドラマは、ビットコイン(Bitcoin/BTC)価格が再び下落する可能性も否定できず、今後、価格に大きな影響を与える可能性があることが分かった。

重要な 17,000 ドルを超えるブレイクアウトにもかかわらず、DCGの破産と関連するGBTC(Grayscale Bitcoin Trust)の解散は、部分的に織り込まれている可能性がある。これまでの弱気相場からの信頼できる指標である、BTCマイナーの全体的な活動は、まだ底値に達していない場合でも、底が近づいている可能性があることを示しており、12月中旬からのマイナーの降伏は、今のところ終わっている可能性がある。

日本語訳:
過去 4カ月間市場を騒がせていたビットコイン マイナーからの強い売り圧力は、今のところようやく落ち着きました。

Glassnodeの最新データによると、過去4カ月にわたり、市場に重くのしかかっていたマイナーからの強い売り圧力は、今のところ沈静化している。アナリストのウィル・クレメンテ(Will Clemente)氏が指摘しているように、ビットコインマイナーのネットポジションの変化は緑色に戻っている。さらに、底に達したことを示すもう 1 つの指標にPuell指標(Puell Multiple、※1日に発行されるビットコインの米ドル建ての日次価値を、365日移動平均で割った比率の事)である。Puell指標は、ビットコイン経済の供給側とマイナーを見て、マイニング収益の観点から市場サイクルを調べる。

日本語訳:
Bitcoinサイクルごとに、マイナー収益の下降トレンドが形成されます
このトレンドは、BTCサイクルの底値の後、常にわずかに崩れています。
ブレイクアウトは最近発生し、ビットコインが15.5kで底を打ったことを示しています

すべてのサイクルで、マイナー収益の減少傾向が形成され、このトレンドは、BTCサイクルが底を打った直後に必ず崩れることでもしられている。現チャートを見ると、ブレイクアウトが最近起こったことを示しており、CryptoConの分析によると、ビットコインが 15,500 ドルで底を打った可能性があることを示唆している。

弱気相場は2カ月か8カ月先か

マイニングプール BTC.top のジャン・ズオエル(Jiang Zhuoer)CEO(最高経営責任者)は、現在のビットコイン市場サイクルに対する見解について話している。

同CEOによると、BTCは2022年にFTXの崩壊によって価格が15,476ドルに下落した際に底を打った可能性があり、もし本当に底値であれば、3つの弱気相場はすべて、前のATH(All Time High=過去最高値)から底値まで同じくらいの時間がかかったと予想し、次のように主張している。

4年周期の法則につながる4年半減期は、依然として破られないように見える

この分析は、チャートでも裏付けられており、4年サイクルで66%の進捗があった後、Bitcoinは常に底に近づいている。同CEOは、市場センチメントの観察に基づき、市場は弱気相場の最終横ばい局面にあると述べて、次のように語っている。

DCGの破産などのイベントはすでに織り込まれており、価格に大きな影響を与えることはもうありません。

同CEOによる楽観的予測は、現弱気相場と2018年の弱気相場が似ている場合、次の強気相場が始まる前に2カ月間価格が横ばいになる可能性があり、現市場サイクルが 2014年の弱気相場に似ている場合、BTCは底値でさらに8カ月間の横ばいの動きに直面する。さらい同CEOはイーサリアム(Ethereum/ETH)について次のように語っている。

次の強気相場のリーダーとして、イーサリアムがビットコインよりも早く上昇し始めると予想しています。これは2023年3月から5月の間に発生するはずであり、ETH価格は現在の底値範囲から永久に外れます。

The post ビットコインマイナーによる販売停止は底値のシグナルなのか first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です