NFTマーケットプレイスSuperRareが従業員の30%を大量解雇

SuperRareが従業員の30%を大量解雇で適正化へ

NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスのSuperRareのジョン・クレイン(John Crain)CEO(最高経営責任者)は、従業員の30%を解雇することを決定したと発表した事が分かった。

日本語訳:
共有しなければならない厳しいニュースがいくつかあります。

同CEOは、初の行動方針の1つが同社チームを「適正化する」ことであると述べている。Twitterを通じて同CEOは、同マーケットプレイスはすべての所有権を取得しており、彼らは過剰に雇用していると述べている。SuperRareの900万ドル(約12億円)の資金調達シリーズAは、2021年3月にVelvet Sea Ventures1confirmationによって主導されている、今回の大量解雇について同CEOは次のように語っている。

方向性を正すために、私たちはチームの規模を適正化するという難しい決断を下しました。これにより、SuperRare Labsが世界最高のクリプトアートの目的地であり続けながら、アーティスト、コレクター、キュレーターのコミュニティにサービスを提供し続けることができるようになります。

NFTマーケットプレイスは著名人によって資金提供される

同CEO は、Web3、NFT、クリプトアート、分散型金融、およびガバナンスには、依然として重要なイノベーションと改革が必要であると主張し、次のように述べている。

確かに私たちは逆風に直面しています。しかし、私たちがまったく新しいものを構築し続けているため、信じられないほどの機会が残っています。それは、透明で公正で、世界中のどこからでも誰もがアクセスできるグローバルなデジタルアートルネッサンスです。世界経済が不確実なとき、新しいピアツーピア経済の基盤を構築するという私たちの使命は、これまで以上に緊急かつ重要であると感じています。冬は私たちが構築する時です。

アシュトン・カッチャー(Ashton Kutcher)氏、マーク・ベニオフ(Marc Benioff)氏、マーク・キューバン(Mark Cuban)氏といった有名人がNFTスタートアップに貢献。しかし、NFTマーケットプレイスのトップであるOpenSeaの共同創設者兼CEOであるデヴィン・フィンザー(Devin Finzer)氏は、2022年初め、同社の従業員の約20%が解雇されるだろうと語っていた。

仮想通貨の冬の影響による影響でまだまだ大量解雇が続く

セーシェルに本拠をを置き、香港や韓国、日本、米国にオフィスを構える大手仮想通貨取引所Huobiのジャスティン・サン(Justin Sun)氏は、Huobiが従業員を20%削減したというニュースを認めている。

同社は以前、法定通貨ではなくUSDコイン/テザー(USDC/USDT)での支払いを受け入れるよう従業員に強制していた。FTX からの混乱は、仮想通貨に焦点を当てた銀行 Silvegateを襲い、それまでに発表された2022年の最終四半期の予備レポートでは、80億ドル(約1兆円)相当の仮想通貨が大量に引き出されたことを示しており、これを受けて、同社は従業員の40%に相当する200人の従業員一時解雇を決定している。

The post NFTマーケットプレイスSuperRareが従業員の30%を大量解雇 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です