フランス中銀総裁「仮想通貨企業のライセンス登録義務化を」

「ライセンス登録義務化が必要」フランス中央銀行のフランソワ・ビルロワ・ド・ガロー総裁は5日、年頭スピーチを行った。その中で暗号資産(仮想通貨)の規制に関しても言及している。ガロー総裁は、2022年には仮想通貨市場の混乱も一つの要因となって、金融市場のボラティリティ(価格変動)の大きさが高まったとして、次のように指摘した。フランスは、単に、デジタル資産サービスプロバイダー(DASP)にライセンス登録を求めるのではなく、ライセンスを必須にするよう、出来る限り早急に切り替える必要がある。MiCAが発効となるより…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です