【墨汁速報】最大手イーサリアム投資信託ETHとの価格乖離が約60%を記録

最大手イーサリアム投資信託のイーサリアムトラスト(テイッカー:ETHE)は仮想通貨の長期下落トレンドや姉妹会社のジェネシス・トレーディング(Genesis Trading)の破産の危機などにより記録的なマイナスプレミアムとなる約60%のETH現物価格との乖離を記録。イーサリアムトラストを運用するグレースケール(Grayscale)はイーサリアムトラストの他にもビットコインを運用するビットコイントラスト(テイッカー:GBTC)を有しており、-45%の価格乖離が問題視されていた。

関連記事:【墨汁速報】ジェネシス非任意的破産申請の危機 最大手仮想通貨ファンドGBTCへも波及か?

イーサリアムトラスト(ETHE)驚異の60%乖離

イーサリアムトラストは破産の可能性が浮上しているジェネシス・トレーディングと同じDCG(デジタル・カレンシー・グループ)を親会社に持つグレースケールの姉妹会社として知られており、約63万BTCという巨額のビットコインを運用する投資信託としても知られている。

ビットコインを運用するビットコイントラストは実際に運用しているビットコインの純資産額に対し、GBTCの価格が45%も下回るマイナスプレミアムとなっていることが問題視されているのが現状だ。一方で同社のイーサリアムを運用するイーサリアムトラストの「ETHE」は「GBTC」を上回る約マイナス60%もの価格乖離を記録している。

これはイーサリアム現物を買う場合は1ETHにつき約15.9万円かかるが、ETHEを購入すれば6.36万円でイーサリアムに投資ができるという計算になる。

 

関連記事:【墨汁速報】仮想通貨の価格操作で初の逮捕事例 マンゴーマーケットハッカーを逮捕

 

*現在速報のため追記中。最新の更新は@bokujyuumaiよりお知らせします。

 

▼墨汁サロンでは投資家向けに知られていないDeFiやNFTのセキュリティ対策、イーサリアム2.0の仕組みや技術、マージ対応の32ETHステーキングのやり方の解説や検証、テクニカル分析理論、ファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁バナー

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

The post 【墨汁速報】最大手イーサリアム投資信託ETHとの価格乖離が約60%を記録 first appeared on CoinChoice(コインチョイス).

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です