2022年のビットコインは全四半期でマイナス濃厚、大口投資家の関心低下浮き彫りに

マクロ経済と金融市場29日の米NY株式市場では、ダウは前日比345ドル(1.05%)高と反発して取引を終えた。ここのところハイテク株を中心に下落基調が強まっていたことから、押し目買いや空売りの買い戻しを含む自律反発の範疇との見方が優勢だ。中国主要都市の新型コロナ感染急拡大などが嫌気され、ナスダック株価指数は29日時点で年初来最安値をつけている。関連:29日朝の金融市場短観|ソラナ前日比-12% マイクロストラテジーBTC買い増し仮想通貨市況暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコインは前日比0.3%高の16…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です