FTXサム前CEO、8つの起訴内容について1月3日に罪状認否へ

FTXサム前CEOの罪状認否FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOの罪状認否が、1月3日に米ニューヨーク州南部地区連邦地裁で行われることが、28日付けの裁判所資料で明らかになった。バンクマン=フリード被告は、米司法省から詐欺、マネロン、選挙資金提供の容疑で起訴されている。連邦捜査局(FBI)からは、電信詐欺、電信詐欺の共謀、商品詐欺の共謀、証券詐欺、マネロン、連邦選挙委員会を欺いて選挙資金違反を行った共謀で起訴されている。主な容疑は、FTXに預けられた数十億ドルの顧客資産を不正流用し、FTXおよびグル…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です