米国の天候悪化でビットコインのハッシュレートが40%急落

米国の悪天候でマイニングレートが大幅低下

ビットコイン(Bitcoin/BTC)のハッシュレートは、米国の天候の急激な変化に備えて、マイニングレートが38%近くまで大幅に低下したことが明らかになった。

マイナーは細心の注意を払いマイニングリグを停止し始めており、電力追跡サイトが発表した最新レポートによると、メイン州やニューヨーク州に近い地域では、爆弾低気圧といわれるものが襲来し、ここしばらく電気が使えない厳しい気象状況を引き起こしている。また、12月23日(金曜日)に100万戸以上の住宅や企業が長時間にわたって停電したことが明らかになっており、この停電はビットコインのマイニング業者にも深刻な影響を与えている。

さらに、異常気象は広がり続けており、メキシコと国境を接する場所に近い地域にも影響を及ぼしており、その周辺で最も人気のあるマイニングセンターの1つであるRiot Blockchainは、先日、主な時間の業務を停止することを発表している。同社は、天候の不安からチームメンバーの安全を確保したいと述べており、同じくマイニング業者であるCore Scientificもまた、同様の条件を理由に、機材をまとめた企業のリストの1つとのこと。同社は、この地域が大規模な寒波を乗り切るのを助けたいと述べ、同地域の送電網がより良く人々にサービスを提供するのを助けるために、事業を停止することを決定したとのこと。

実際、Glassnodeが発表した分析では、最近の落ち込みは、ネットワークが6月に起こした前回の落ち込み以来、最大のものだという。

ハッシュレート急落前には一時的回復も

ハッシュレートとは、ビットコインの処理と生産に投入される電力の総数を表す現象であり、ハッシュレートが高ければ、ネットワークは非常に安全であることを意味しており、マイニングにかかるコストが高くなるとのこと。

この指標の値が上がるということは、マイナー今まさにブロックチェーン上でより多くのマシンをオンラインにしていることを意味し、このような傾向は、マイナーが現在のネットワークに魅力を感じていることを示しているとされる。一方で、ブロックチェーン分析企業IntoTheBlockの分析によると、ハッシュレートは今回の急落を経験する前の12月25日(日曜日)に一時的にペースを取り戻し、ビットコインはここ数日価格を維持している。それでも、Glassnodeの試算によると、今後数日間、マイニング企業が他の障害に直面しなければハッシュレートは以前のレベルに戻って回復すると予想されている。

The post 米国の天候悪化でビットコインのハッシュレートが40%急落 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です