SECはHinman文書開示に恐怖しRippleは勝利への道へ

裁判所はSECに重要文書にアクセスできるよう命じる

米国連邦裁判所は、SEC(米国証券取引委員会)に対し、Ripple Labsが元当局者の演説に関連する重要な文書であるヒンマン(Hinman)文書にアクセスできるようにするよう命じた。

SECは文書の公開を意図的に阻止しようと試みたものの、裁判所は、証拠開示請求の解決に使用される関連性の「非常に広範な」概念の下で、資料が関連性のテストを満たしていると説明。SECとRippleの両者が、数日前の略式判決に関連するすべての文書の編集を提出する予定で、両当事者は締め切りに間に合ったと報告されているが、SECは提出書類で、ヒンマンの文書を一般に公開する準備がまだ整っていないことを明らかにした。しかし、これらの文書が公の記録の一部になった場合、SEC は将来、そのような主張をすることができなくなり、SEC にとって非常に不利になります。

Rippleコミュニティの弁護士がSECの立場を説明

Rippleコミュニティのビル・モーガン(Bill Morgan)弁護士は、声明の意味を説明した。

同弁護士によると、SECは略式判決の決定に上訴すると脅迫しているため、アナリサ・トレス(Analisa Torres)地方判事が文書を公開する権限を持っているとは考えていない。提出書類に記載されているように、SECは命令どおりに電子メールをRippleに手渡しており、公衆に対する特権を放棄しなかったと主張している。また、モーガン弁護士は、裁判所はSECが特権を与えられていないとすでに判断しているため、SECがこの議論をどのように考え出すことができるかわからないと述べている。

一歩で、Ripple社は12月2日付にてSECに対して最終提出書類を提出。そのため、2年におよぶ法廷闘争がまもなく終焉を迎える可能性があり、市場関係者や投資家らが行方を見守っている。

The post SECはHinman文書開示に恐怖しRippleは勝利への道へ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です