Fidelityがメタバースに参入のためNFTとメタバース関連商標の登録申請

Fidelityがメタバースに参入のための関連商標申請へ

Fidelity(フィデリティ)は最近、仮想空間での投資やその他の機会を提供するために、米国でメタバースの商標を申請した事が分かった。

日本語訳:
Fidelityはメタバースの計画を立てています!
同社は、以下をカバーする3つの商標出願を提出しました
▶ NFT + NFT マーケットプレイス
▶メタバース投資サービス
▶仮想不動産投資
▶暗号通貨取引
… もっと!

仮想通貨の世界への最近の拡大の一環として、同社は、メタバースでサービスを提供するための3つの商標出願を提出し、メタバース市場への最初の一歩を踏み出した。提出された文書によると同社は、従来の金融サービスをさまざまな仮想現実で提供しようとしているとみられる。

Fidelityによる仮想通貨推し

商標弁護士のマイク・コンドウディス(Mike Kondoudis)氏が報告したように、同社は、NFT(非代替性トークン)、NFTマーケットプレイス、メタバース投資機会、デジタル不動産投資、および仮想通貨取引をカバーする一連の商標申請書を提出した。

Fidelityは、他の大手金融機関の大半よりも早くデジタル資産を採用しており、10 月には、デジタル資産チームの合計規模を500にするために、さらに100人の仮想通貨の専門家を追加する計画を発表している。長引く弱気相場にもかかわらず、フィデリティはこの分野で保有を拡大し続けている。なお、小売顧客向けの仮想通貨製品であるFidelity Cryptoの待機リストは、コングロマリットによって11月に公開されている。
.
2022年4月に同社は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)を潜在的な投資オプションとして401(K)計画(※確定拠出型の個人年金制度の一つ)に含めることを検討していると発表して話題を呼んだ。その後、3人の米国上院議員から、退職プランのメンバーが仮想通貨に投資できるようにする決定を再検討し、否定するよう要請されている。上院議員によると、業界はますます「不安定で、騒々しく、混沌としている」ようになっている。

さらに、2022年10月には、Fidelity Digital Assetsが機関投資家向けのイーサリアム(Ethereum/ETH)の取引を促進。Fidelity がメタバースに関連して行った新しい開示は、同社が2.7兆ドル(約359.5兆円)相当の資産を管理しているという事実を考えると注目に値する。

The post Fidelityがメタバースに参入のためNFTとメタバース関連商標の登録申請 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です