1inch NetworkがDeFiスワップのFusionアップデートを導入

1inch NetworkがFusionアップデートを導入

分散型の取引とマッチングシステムである1inchは、プロのマーケットメーカーを通じて仮想通貨取引に流動性を提供し、DeFiスワップのユーザーエクスペリエンスを向上させることを目的としたFusionの立ち上げを発表した事が分かった。

主要DeFi(分散型金融)アグリゲーターとして広く知られている1inch Networkは、1inch Swap Engineに関する主要アップグレードであるFusionを発表。Fusionへのアップグレードは、仮想通貨投資家にコスト効率が高く、安全で収益性の高いスワップを提供することを目的としている。プロジェクトの背後にあるチームは、「ほぼ無制限」の流動性と最大限のユーザー保護を提供することを約束し、次のように語っている。

Fusionを促進し、DeFiユーザーがネットワーク料金を支払うことなく、指定された価格と時間範囲で注文できるようになります。

仮想通貨市場で利用可能なほぼすべての流動性にアクセスできる

1inch Swap Engineは、1inch Limit Order Protocolと1inch Aggregation Protocolに部分的に基づいた、分散型取引およびマッチングプロトコルである。

チームによると、これにより顧客は、仮想通貨市場で利用可能なほぼすべての流動性にアクセスできるようになるとのこと。注文は、リゾルバーと呼ばれる該当するガス料金を支払うプロのマーケットメーカーによって完了され、ユーザーはリゾルバーになるために 1INCH トークンをステークする必要があり、上位 5 人のステーカーが優先的に注文を実行していく。チームは、フュージョンモードにより、ユーザーはネットワーク料金を支払うことなく、「最も有利なレートで」さまざまな分散型取引所でトークンを交換できると述べている。なお、ユーザーは次の3つのオプションから選択可能だ。

・Fast:ユーザーは、スワップを数ブロック内で実行するためにあまり望ましくないレートを受け入れる。
・Fair:ユーザーは、より良い料金が発生するまでもう少し待つことができる。
・Auction:ユーザーは、最も有利なレートを受け取るまで最大10分間待機。

Fusion の更新は、最初はBNBチェーン、イーサリアム(Ethereum)、ポリゴン(Polygon)で動作し、将来的にはさらに多くのネットワークが追加される予定で、1inch Networkの共同創設者であるセルゲイ・クンツ(Sergej Kunz)氏は次のように語っている。

Fusionは、ユーザーがネットワーク料金を支払う必要がないため、1inchでのスワップを劇的にコスト効率の高いものにします。さらに、セキュリティの追加レイヤーが追加され、ユーザーをサンドイッチ攻撃から保護します。私たちの目標は、ユーザーのDeFi体験をかつてないほどスムーズにすることです。1inchのスワップエンジンとフュージョンモードのおかげで、高度なセキュリティを備えた素晴らしいUXを誰もが利用できるようになりました。

The post 1inch NetworkがDeFiスワップのFusionアップデートを導入 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です