OpenSeaが米国の制裁によりキューバのアーティストをブロック

OpenSeaが米国の制裁に従ってキューバ人アーティストを遮断

世界最大手のNFTオンラインマーケットプレイスOpenSeaは、キューバのアーティストとコレクターのアカウントをプラットフォームから除外していたことが分かった。

米国の制裁法に従い、OpenSeaは、キューバのアーティストとコレクターのアカウントをプラットフォームから除外しており、この措置はおそらくWeb3の経済的自由の約束に反しているとみられる。同社の声明によると、同社プラットフォームがキューバ人ユーザーを差別しているという以前の疑惑を裏付けていることとなる。

制裁の遵守

OpenSeaの広報担当者は今回の措置に対し、同社が制裁対象の個人、制裁対象の法域にいる個人、またはサービスによるプラットフォームの使用を禁止していることを明らかにし、キューバのほかにも、ベネズエラやイラン、シリアなどが措置対象となっている。

この措置は、2021年に資産クラスが急成長した際、パンデミックによる制限により、同国への観光客の足が途絶え、外貨収入が枯渇した後、NFTを活用して利益を上げていたキューバのアーティストにとって大打撃である。2022年初めに米国メディアのNBCニュースは、エルネスト・シスネロス(Ernesto Cisneros)氏にインタビューしている。同氏は、自分の音楽とビデオをトークン化してインターネット上で販売することで音楽ビジネスを復活させたキューバの人気ミュージシャンである。

NFTによる恩恵を受けたもう1人のアーティストは、ハバナ・ビエンナーレ(Havana Biennial)氏とミラノのMIAフォトフェアで作品が取り上げられた写真家ガブリエル・ビアンキーニ(Gabriel Bianchini)氏である。彼のNFTホテルハバナは、上場後数日で売り切れるほどの人気であった。メディアの取材に対し、ビエンナーレ氏は、テクノロジーが彼のような人々が過去2年間の厳しい経済的および政治的状況を乗り切るのに役立ったと説明し、次のように語っている。

このテクノロジーは、経済的にだけでなく創造的にも解放され、私たちキューバのアーティストが世界とつながることを可能にする架け橋でした。

ディアスポラにまで拡大するOpenSeaによる制裁

OpenSeaによる制限は、キューバのディアスポラ(※離散した民族)にまで拡大している。

キューバ人アーティストのNFTドロップを宣伝するサイトNFTCuba.ARTは、OpenSeaプロファイルが無効になっているとして、次のようにツイートしている。

日本語訳:
投稿してから長い時間が経ちましたが、この投稿がこれである必要があるのは残念です。
openseaは私たちのプロファイルを無効にしました。
島のキューバ人だけでなく、他の国籍を持つ人もweb3 会社での検閲に耐えなければなりません。
キューバ人からアートを購入することは、米国の禁輸措置では禁止されていません。

OpenSeaによる措置はWeb3の原則に反するのか

Web3の中核となる原則の1つは、国籍や地理的な境界に関係なく、すべての人に金融サービスを提供することである。

そのため、一部のユーザーはOpenSeaによる禁止措置がこれらの原則に反していると解釈。そして、それが少し前までキューバのアーティストを励ましていたことを考えると驚くべき対応と言える。

日本語訳:
OpenSeaは、キューバやその他の制裁対象国をプラットフォームから禁止しました。
これは、すべての人に平等なアクセスと機会を提供するという web3 のコアバリューに反します。
彼らは、OSを使用しない理由を追加し続けます。

キューバのNFTアーティスト、ヨルダニス・ガルシア・デルガド(Yordanis García Delgado)氏はメディアに対して「それが来るのを見た」と語り、米国の制裁について「分散化され、説明責任を負わないことは非常に難しい」と語っている。

NFT は、取引を容易にするための集中型取引所や市場がなければ、直接収益化することは困難である一方、ビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)のような代替可能で分割可能な仮想通貨は、商品やサービスを直接取引するのがより簡単であり、制裁の執行がより困難になる。

The post OpenSeaが米国の制裁によりキューバのアーティストをブロック first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です