取引所のイーサリアム準備金は2022年に30%以上減少

2022年に仮想通貨取引所のイーサリアム準備金は大幅にダウン

オンチェーンデータは、人気仮想通貨イーサリアム(Ethereum/ETH)の準備金が30% 以上減少したため、投資家が2022年に大量のETHを引き出したことを示していることが分かった。

オンチェーンデータを提供するCryptoQuantのアナリストが指摘したように、これらの投資家は長期保有を目的として撤退していた可能性がある。交換準備金は、すべての中央集権型取引所のウォレットに現在保管されているイーサリアムの総量を測定する指標である。この指標の値が上がると、所有者が現在コインを取引所に預けていることを意味する。投資家が取引所を使用する主な理由の1つは、ETHを別の仮想通貨に交換するため、または法定通貨で現金化するためである。したがって、為替準備金は資産の販売供給として機能する可能性があり、その増加は価格に弱気の影響を与える可能性がある。

一方で指標の値の減少は、投資家が現時点でコインを送金していることを意味しており、販売供給が減少していることを示唆している。長期にわたる取引所の引き出しは、保有者が現在蓄積していることを示している可能性があり、保有者は仮想通貨に対して強気である。

大量のCEXからの引き出しの理由とは

仮想通貨取引所のイーサリアム取引所準備金は、2021年中にすでにある程度の減少が見られたものの、2022年にはさらに下落傾向が強まっている。

注目すべきであるのがFTX 崩壊以降、指標の値の減少が特に急速であることで、これはFTXのような人気仮想通貨取引所が崩壊したことで、投資家がこれまで以上に中央集権的なプラットフォームに変化をもたらしたため、投資家らは仮想通貨を取引所から大量に引き出し、所有する鍵である個人のウォレットに保持するようになったためである。

全体として、イーサリアムの交換準備金は 2022 年の間に30%以上減少しており、投資家もそれを信じ、長期保有する可能性が最も高い目的で大量のCEX(中央集権型取引所)を引き出しているとみられている。

The post 取引所のイーサリアム準備金は2022年に30%以上減少 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です