イングランド銀行副総裁:仮想通貨取引は危険すぎて規制するべきと警告

イングランド副総裁が仮想通貨取引について警告

BoE(Bank of England:イングランド銀行)のジョン・カンリフ(Jon Cunliffe)副総裁は、仮想通貨取引について「危険すぎて」規制されないままでいることはできず、行動を起こさなければ「体系的な問題」を引き起こす可能性があると警告している事が分かった。

Sky News による独占インタビューで、カンリフ副総裁は、投資家と金融システムは仮想通貨取引の「カジノ」から保護される必要があると指摘。同副総裁は、仮想通貨取引所FTXの崩壊以降、初めてBoEが仮想通貨取引の危険から投資家を保護するために業界を規制する可能性があること、仮想通貨に関連する潜在的な影響からより広い金融システムを保護する可能性があることを示した。

同副総裁氏は、BoE のスタンスは、個人投資家が従来の市場と同じように仮想通貨を安全に投機できるべきだというものだという姿勢を明らかにしたうえで、次のように述べている。

大多数の人にとって、仮想通貨の投機に関与したいのであれば、消費者保護と市場の完全性のため、同様の活動で得られる保護が得られる場所でそれを行う場所を持つべきだと思います。…イギリスで。

英国の規制への取り組み

Sky Newsの報道によると、英国では、規制当局が「オフショア(※ここでは英国外を指す)に所在する仮想通貨取引所に書き込みを強制する」ことを試みたものの、失敗に終わっている。

現在のリシ・スナク(Rishi Sunak)英国首相が財務大臣だった時に、政府によって英国を「グローバル仮想通貨ハブ」にすることを目標に掲げた。カンリフ副総裁は、金融の安定に責任を負う役割を担っており、BoEのこれまでの規制への取り組みは、中央銀行の共通の目標である個人の保護と金融の安定の維持を目的としていたと述べている。効果的な規制の絶対的な必要性を説明するため、同副総裁はFTXの崩壊を利用して主張を強調し、次のように語っている。

本質的な価値のない資産である仮想通貨取引と販売について、過去10年間に多くの活動が展開されたため、非常に不安定です。そして、そのすべてが規制の外で成長しました。私たちがFTXで見たのは、規制された金融セクターでは、特定の保護があったであろう多くの活動です。私たちは、クライアントのお金が行方不明になったように見える、さまざまな業務間の利益相反、透明性、監査、会計などを見てきました。通常の金融部門で起こったおそらく退屈なことはすべて、その一連の活動では実際には起こらなかった結果、多くの人が大金を失ったと思います。

BoEは独自のデジタルコインを開発中

BoE はブロックチェーン技術に価値を見いだしており、現在、独自CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)開発する計画について協議している。

これは、ポンド硬貨と同じセキュリティを提供する通貨のデジタルバージョンで、現金に取って代わる可能性のあるデジタルの柔軟性の利点が追加されている。デジタル通貨の価値を認識したうえで、同総裁は次のようにコメントしている。

物理的な現金は、人々がそれを必要とし、多くの人々が依存している限り、銀行によって常に利用可能になります。しかし、今の私たちの生活では十分に使えるわけではありません。イングランド銀行にとっての問題は、社会としての私たちの生き方が変化し、私たちの生活がよりデジタル化されるにつれて、さまざまな取引で使用できるお金を一般に提供し続けるべきかということです。必要なときにいつでも、銀行に保有しているお金を基本的にイングランド銀行のお金に変えることができ、無記名人に支払うことを約束する、州によって裏付けられたものです。

The post イングランド銀行副総裁:仮想通貨取引は危険すぎて規制するべきと警告 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です