SEC米証券取引委員会は仮想通貨企業と提携する監査法人に注目

SECは仮想通貨企業と提携する監査法人の精査を強化

SEC(米証券取引委員会)は、仮想通貨に反対する姿勢を維持する事を目指し、監査会社による仮想通貨の監査報告に対する精査を強化する意向である事が分かった。

SECは、仮想通貨企業の監査に取り組んでいる監査会社の精査を強化する構えだ。SECは、投資家が監査報告書から誤った安心感を得て、仮想通貨にさらされるリスクがあることに懸念を表明。今回の動きは、複数の仮想通貨取引所が、資金が安全で、会社が財務的に健全であることを顧客に安心させるために、準備金の証拠を公開することを提案したことによるものである。

SECが暗号監査レポートの精査を強化

SECは、仮想通貨企業会社と協力している銀行および金融会社の監視を強化することにより、反仮想通貨のスタンスを維持し続けている。

現在SEC は、仮想通貨会社が監査会社からの報告書をどのように表現しているかを詳しく調べている真っ只中である。銀行や監査会社は、規制当局からの規制圧力により、仮想通貨企業との協力に消極的だ。フランスに本拠を置く、監査、会計、コンサルティンググローバルグループのMazars(マザール)は、Binance(バイナンス)、Crypto.com(クリプトドットコム)、その他の仮想通貨取引所を含む仮想通貨取引所のサービスを停止。Mazarsは、Binance の証拠金レポートをプラットフォームから削除した。

SECの主任会計士代行ポール・ムンター(Paul Munter)氏は12月22日(木曜日)、WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)に対し次のように語っている。

投資家に対し、仮想通貨企業による主張の一部に非常に警戒するよう警告している。

SECは仮想通貨業界をコンプライアンスに準拠する事が最優先事項

Alameda Research(アラメダ・リサーチ)CEO(最高経営責任者)のキャロライン・エリソン(Caroline Ellison)氏とFTXの共同創設者であるゲイリー・ワン(Gary Wang)氏に対するSECの詐欺罪告訴を受け、SECのゲーリー・ゲンスラー(Gary Gensler)委員長は、仮想通貨企業が定評のある証券法を順守するまで、投資家は仮想通貨のリスクにさらされると述べた。

利用可能なすべてのツールを使用して、仮想通貨業界をコンプライアンスに準拠させることは、引き続き SECの優先事項である。SECは、仮想通貨監査に取り組んでいる監査会社に警告を送信。規制当局は、仮想通貨取引所が監査会社からの証拠金レポートを利益のために使用していると考えているほか、会社が負債をカバーするのに十分な資産を持っているかどうかを評価するための限られた財務詳細のみが含まれている。

The post SEC米証券取引委員会は仮想通貨企業と提携する監査法人に注目 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です