BlockFi元幹部リシ・ラムチャンダニ氏がGoogleのAPAC Web3部門を率いる

BlockFi元幹部がGoogleのAPAC Web3リードに

倒産した仮想通貨レンディングプラットフォームBlockFiの元幹部であるリシ・ラムチャンダニ(Rishi Ramchandani) 氏がBlockFiを離れ、GoogleのAPAC Web3リードを務めた事が分かった。

LinkedIn の最新投稿で、同氏は、多国籍テクノロジー企業での新しい役割に足を踏み入れることに「興奮している」と述べており、主な目標として、アジア太平洋地域におけるGoogleのWeb3への取り組みを推進することであると語っている。

同氏は、2020年6月から2022年12月までの約2年半、BlockFiのアジア担当副社長を務めていたことから、この分野に精通している。Google Cloudカスタマー、パートナーエンジニアリング、Web3 GTMのマネージング ディレクターであるミテシュ・アガルワル(Mitesh Agarwal)氏は、GoogleのAPAC Web3ユニットの新しいリーダーを歓迎し、次のように語っている。

ミテシュ・アガルワル氏を迎えてGoogle CloudのAPACでのWeb3への取り組みを率いることに非常に興奮しています。

Google Cloudは以前、開発者がブロックチェーンテクノロジに基づいてアプリケーションを構築および使用できるようにすることで、Web3エコシステムを深く掘り下げる意図を示していました。この分野を調査する際の開発者の取り組みを支援および簡素化するために、新チームを結成しており、Google Cloudのアミット・ザベリー(Amit Zavery)バイスプレジデントは、この動きについてさらに次のように説明している。

私たちはその仮想通貨の波に直接参加しようとしているわけではありません。企業が現在のビジネスや企業でWeb3の分散型の性質を使用および活用するためのテクノロジーを提供しています。

BlockFi顧客の長い暗闇の中に差した光

長引く弱気相場の影響を最も受けた企業の1つであるBlockFiは、2022年6月、全従業員の5分の1を解雇している。

FTXから2億5,000万ドル(約331.7億円)相当のリボルビングクレジットを受け取ったが、FTXの破産によってBlockFiの運営は不自由になっている。BlockFiは、破産保護を申請する数週間前の11月中旬に出金を一時停止している。仮想通貨の貸し手は最近、ユーザーが BlockFi ウォレットから持ち物を引き出すことを許可するために、米国破産裁判所に許可を求めている。同社は、このイニシアチブを「クライアントに資産を返すという目標に向けた重要なステップ」と説明し、次のように付けコメントしている。

クライアントがBlockFiウォレットアカウントのデジタル資産を明確に所有していると信じています。そのため、米国破産裁判所に、クライアントがBlockFiウォレットアカウントに保持されているデジタル資産を引き出すことを許可する権限を要求する申し立てを提出しました。

The post BlockFi元幹部リシ・ラムチャンダニ氏がGoogleのAPAC Web3部門を率いる first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です