Binanceがカザフスタンでブロックチェーン教育プログラムを開始

Binanceはカザフスタンの大学でブロックチェーンを教える

仮想通貨取引所Binance(バイナンス)は、カザフスタン政府との合意に基づき、同国内の大学生が業界で働く資格を得るための教育プログラムを開始する事が新たに判明した。

世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceは、カザフスタンで教育プログラムを開始。12月20日(火曜日)付けの公式発表によると、Binanceは2026年までに中央アジアの全国の大学で40,000人以上の学生にブロックチェーンのトレーニングを提供する準備をしているとのこと。

政府機関と協力してサポートするBinance

Binanceは、NBK(カザフスタン国立銀行)の決済および金融技術開発センターと、デジタル開発省であるAIFC(アスタナ国際金融センター)によって設立されたブロックチェーンセンター研究所とイニシアチブで提携。このプロジェクトは、Binanceカザフスタンのジャスラン・マディエフ(Zhaslan Madiyev)ゼネラルマネージャーによって署名された上記政府機関との協力覚書の下で実現される。合意に従い同取引所は、教育資料を提供し、ブロックチェーンとコンプライアンスに関する基本コースをサポートしていくとのこと。

カザフスタンは現在、大学の教育プログラムにブロックチェーン カリキュラムを追加する最初の国の1つになっていると発表の中で述べられている。ブロックチェーン、デジタル資産、コンプライアンス知識を持つ専門家は、世界のブロックチェーン業界のリソースになると参加者は望んでおり、Binanceアジア地域責任者であるグレブ・コスタレフ(Gleb Kostarev)氏は、次のように語っている。

私たちは、デジタル技術の主要プレーヤーになるというカザフスタンの目標を支持します。これは、全国で教育とブロックチェーンの採用を増やすことなしには不可能です。

中央アジアでの拡大を目指すBinance

教育プログラムは、2022年5月にBinanceの創設者兼CEO(最高経営責任者)であるチャンペン・ジャオ(Zhao Changpeng)氏とカシム・ジョマルト・トカエフ(Kassym-Jomart Tokayev)社長との会談に端を発している。

10月にBinanceはカザフスタン政府の仮想通貨セクターの「安全な開発」を支援することを申しでており、NBKは、デジタルテンゲの展開にBNBチェーンを使用する予定であるまた、10月にBinanceはアスタナ金融ハブからの仮想通貨取引きおよびカストディサービスプロバイダーとして運営するライセンスを取得している。中国当局が2021年に業界を取り締まって以降、カザフスタンが主要マイニングのホットスポットになった後、同国に焦点が当てられた結果、同国政府は国内の仮想通貨市場を規制しようとしている。

The post Binanceがカザフスタンでブロックチェーン教育プログラムを開始 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です