サム・バンクマン-フリード氏は2億5000万ドルの保釈金で釈放へ

サム・バンクマン-フリード氏が保釈へ

最新報道によると、元FTX CEO(最高経営責任者)のサム・バンクマン-フリード(Sam Bankman-Fried)氏は、2億5,000万ドル(約331.7億円)の保釈金を支払うことで釈放され、今後は自宅(軟禁)に居ることが要求されるほか、逃亡防止のため、パスポートの引き渡しを命じられたことが分かった。

バンクマン-フリード氏は12月22日(木曜日)にマンハッタンの連邦裁判所で初の出廷をした後、2億5,000万ドルの保証金で釈放される事が分かった。同氏は、両親のジョセフ・バンクマン氏とバーバラ・フリード氏が共有する自宅で軟禁されることが分かった。

サム・バンクマン-フリード氏の保釈

米国地方裁判所のガブリエル・ゴレンスタイン(Gabriel Gorenstein)判事は、詐欺師とされる者が、電信詐欺、証券詐欺、陰謀、マネーロンダリング、および選挙資金の違反を含む多くの犯罪の裁判を受けるためにバハマの居住地を離れるという合意を承認した。

報道によると、この取引は事前に取り決められており、12月21日(水曜日)にバハマ当局がバンクマン-フリード氏を米国当局に引き渡した後に行われた。以前、同氏がカリブ海の島のリゾートで逮捕された際、同氏の保釈申請はすぐに却下されている。

自宅軟禁中の同時に許可される事とは

検察官によると、同氏は運動、メンタルヘルスケア、および薬物乱用治療のために両親の家を離れることは許可される。

しかし、1,000ドル(約13万円)を超える未認可取引をすることは許可されず、唯一の例外として、法定請求書および関連手数料のみ1,000ドルを超える取引が許可されるとして、ニック・ルース(Nick Roos)検事補は、次のように述べている。

もし彼が抵抗していたら、私たちは釈放に反対したでしょう。しかし、彼の資産は減少しました。これは金融犯罪であり、彼はもはやFTXまたはAlamedaで働いていません。したがって、コミュニティへのリスクはわずかな考慮事項で、制限付きの保釈パッケージを提案します。

FTX Saga

FTX価値は、320億ドル(約4.2兆円)から10億ドル(約1326.8億円)に下落しており、これは、ビジネスが顧客の預金を利用してAlameda Researchの投資賭けに資金を提供していたことが判明した事によるものとみられている。

さらに、検察官と米国の規制当局は、2019年にFTX仮想通貨取引所が設立されて以降、バンクマン-フリード氏が大規模詐欺の首謀者であると主張している。そこで同氏は、顧客資金を使って、バハマでの贅沢な不動産購入、他の企業への投資、政治献金、魅力的なマーケティングキャンペーンに資金を提供していることが分かった。マンハッタンのダミアン・ウィリアムズ(Damian Williams)連邦検事は、同氏の同僚2人も詐欺の疑いで起訴され、慎重に有罪を認めたことを明らかにしている。

The post サム・バンクマン-フリード氏は2億5000万ドルの保釈金で釈放へ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です