カナダ・ブリティッシュコロンビア州は新たな仮想通貨マイニング事業を一時停止へ

カナダ・ブリティッシュコロンビア州は新仮想通貨マイニングを一時停止へ

カナダのブリティッシュコロンビア州は、12月21日(水曜日)、新たな仮想通貨マイニング事業に対し一時停止の措置へ踏み切る事が発表された。

カナダでは過去数週間でケベック州とマニトバ州の電力会社は、仮想通貨マイニング活動に対して同様の制限を導入し、新しい仮想通貨マイニング事業に18カ月間のモラトリアム(moratoriumとは、活動や法律の猶予期間)を課しており、停止期間中、新しい仮想通貨マイニング事業は承認されないと述べている。

今回の停止は、政府とBC Hydro(ブリティッシュコロンビア州水力発電局)が恒久的な枠組みを形成するのに役立つと述べ、州内の住民、企業、仮想通貨マイナーのニーズと利益を確保し、保護するとのこと。なお、BC Hydroは、マイニング事業からの電力接続要求を18カ月間停止すると発表している。

クリプトマイニングに転用される電力の増加

エネルギー・鉱山・低炭素イノベーション大臣のジョシー・オズボーン(Josie Osborne)氏は、今回の決定はさらなる雇用を促進し、環境的により持続可能である、住民や企業による消費のためのクリーンエネルギーの維持を確保するために行われたと述べている。

オズボーン氏は、電力は「電気自動車とヒートポンプ、および炭素排出を削減し、雇用と経済的機会を生み出す電化プロジェクトに取り組んでいる企業と産業」に向けられることを意図していると述べている。さらに同氏は、仮想通貨マイニングは、24時間365日、高性能コンピューターのバンクを実行および冷却するために大量の電力を消費するが、地域経済にはほとんど雇用を生み出さないと指摘している。現在、BC Hydro は合計 7 つの仮想通貨マイニング事業にサービスを提供しており、そのうち、6つが合計273メガワット(MW)を消費するシステムへの接続の高度な段階にある。ただし、これらの操作は今回の決定による影響は受けないとのこと。

新たな仮想通貨マイニングプロセスは承認されない

現在、合計21プロジェクトがブリティッシュコロンビア州内で合計1,403MWを要求しており、これは57万世帯または210万台の電気自動車が必要とするエネルギーに相当する消費量だ。

一方、新しい仮想通貨マイニングプロジェクトは、BC Hydroとの接続プロセスを開始できないほか、接続プロセスの初期段階にあるプロジェクトも進めることができない。環境活動家は、仮想通貨マイニングが環境に与える影響を懸念しており、ビットコイン(Bitcoin)とそのエネルギー集約的な処理とエネルギー消費に反対している

The post カナダ・ブリティッシュコロンビア州は新たな仮想通貨マイニング事業を一時停止へ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です