Visaが仮想通貨自動支払いの概説論文でイーサリアムとのコラボをほのめかす

Visaがイーサリアムとのコラボをほのめかす

グローバル決済大手のVisaは、仮想通貨に対するより強力で持続的な関心を示し、同社がいつの日か自動支払いでイーサリアム(Ethereum)ネットワークと協力する方法を概説した論文を発表したことが明らかになった。

この論文は、2022年初めに開催された社内ハッカソンが発端となっており、Visaのサポートにより、イーサリアムユーザーが自前の仮想通貨ウォレットから送信する自動支払いのスケジュールを立てる方法について詳述している。この機能は現時点では実装されていないが、イーサリアムユーザーアカウントがスマートコントラクトのように機能し、事前にスケジュールされた実行機能を特徴とする、アカウント抽象化と呼ばれる人気のイーサリアムの提案によって実現されることになる。

仮想通貨自動支払いは将来の重要ポイントに

仮想通貨自動支払いは、必ずしも銀行や決済の風景に劇的な影響を与えるわけではないが、Visaが仮想通貨業界で積極的なプレーヤーになることを計画していることを示すもので、この分野は決済の将来にとって潜在的に重要であるとみている。

日本語訳:
Visaでは、仮想通貨エコシステムとグローバル ネットワークの間の信頼できるブリッジとして機能したいと考えています。今日の更新を共有できることを楽しみにしています。

VisaのCBDCとプロトコルの責任者であるキャサリン・グー(Catherine Gu)氏は、仮想通貨メディアの取材に対して次のように語っている。

私たちは、仮想通貨のエコシステムで起こっている技術開発に積極的に貢献する機会を持ちたいと考えています。それを行うための最善の方法は、実際にWeb3インフラとブロックチェーンプロトコルを深く知ることであり、私が考える領域は、決済にとって本当に重要になると思います。

実際、世界各国政府の支援を受けたデジタル通貨の可能性を探るために結成されたグー氏のグループは現在、他のどのようなブロックチェーン技術が決済の世界を再構築する準備ができているのか、そしてその導入がどのくらいで実現できるのかを積極的に調査しているとのこと。

スケーラビリティ問題を抱えるブロックチェーンネットワーク

イーサリアムのようなブロックチェーンネットワークの永続的で捉えどころのない目標として、長い間、大規模で安価かつ迅速な取引を可能にするネットワークのセキュリティを維持する能力であるスケーラビリティの問題を抱えていた。

イーサリアムのネットワークに予想される多くのアップデートは、この問題への取り組みに焦点を当てており、プロト・ダンクシャーディングは、膨大な量のイーサリアム取引を処理するために安全に分析する必要があるデータ量を、いつの日か根本的に減らすことができるシステムであるとされ、2023年後半にリリースされる予定であるとのこと。

2022年10月にVisaは、仮想通貨ウォレットとメタバース製品を検討していることを示す商標を申請しており、その1カ月後にVisaはFTXとの提携を解消し、仮想通貨取引所の利用者がVisaブランドのデビットカードを取得できるようにしている。

The post Visaが仮想通貨自動支払いの概説論文でイーサリアムとのコラボをほのめかす first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です