英国の DCMS 委員会が NFT とブロックチェーンに関する調査を開始

DCMSがNFTとブロックチェーンの調査へ

英国議会のDCMS(Digital, Culture, Media and Sport Committee:デジタル・文化・メディア・スポーツ委員会)は、NFT(非代替性トークン)とブロックチェーンの運用、リスク、メリットに関する証拠募集を発表したことが分かった。

DCMSは、NFTのようなデジタル資産は柔軟な所有権を提供し、広く採用するのに魅力的であると指摘。英国ではNFTの規制が限られているため、DCMSは投資家がどのようにさらされる可能性があるのかを検討している。今回の議会発表では、NFTのブームにより、英国でのNFT規制はほとんど存在しないものの、より民主的な新しい資産創出・売却方法が発展しつつあるという意見があることが強調されている。

DCMSはNFTとブロックチェーンがもたらす機会について理解を望む

DCMSはこの調査が、資産の売買方法を民主化する可能性があることから、NFTとブロックチェーンがもたらす機会について議会が理解する一助となることを期待している。

DCMSの調査は財務省が最近、特定の仮想通貨の金融サービスや投資マーケティングを規制する、英国の金融プロモーション制度の範囲に入れることを確認したことを受けて行われたものである。そのため、NFTについては、ファンジビリティ(※fungibility=代替性または代替可能性)要件により、多くのNFTが金融促進制度の対象から外れる可能性があるとの指摘もあるが、今後の展開によっては市場に大きな影響を与えるとみられており、DCMSのジュリアン・ナイト()委員長は次のように語っている。

NFTはデジタル世界をあっという間に駆け巡ったため、立ち止まって検討する時間がありませんでした。市場が乱高下し、バブル崩壊が懸念される今、この画期的な技術のリスク、メリット、規制要件を理解する必要があります。

人気を維持し続けるNFTプロジェクト

実際、NFTプロジェクトは、取引されるすべてのNFT市場で観測される平均価格が低下していると報告されているにもかかわらず、小売ブランドやエンターテインメント企業など、2022年を通して人気を保ち続けている。

商業的な実現可能性が高まり、特にメタバース型のプロジェクトが拡大するにつれ、規制当局の監視も厳しくなっているのが現状だ。特に、NFTおよびブロックチェーンエコシステムの多くのプレーヤーは、NFTが他のタイプの仮想通貨と異なる特徴を持つため、NFTを金融サービス規制の下に置くべきではないと感じている。規制強化によりこの分野のイノベーションが阻害されるという懸念が業界および規制当局に共通して存在している。

規制の枠組みはエコシステムの参加者に法的確実性をもたらし、参加者は規制の観点から製品やサービスがどのように扱われ、監督されるかについて自信を持って製品やサービスを開発できるという反論もある。

The post 英国の DCMS 委員会が NFT とブロックチェーンに関する調査を開始 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です