中央アフリカ共和国はSangoCoin(サンゴコイン)の発売を延期

SangoCoin発売が2023年に延期

中央アフリカ共和国はデジタル通貨であるSangoCoin(サンゴコイン)を 2023年の第1四半期まで提供しないことが分かった。

日本語訳:
親愛なるサンゴの友人へ
取引所への上場、およびサンゴコインの5%リリースに関する待望の発表です。
まず第一に、私たちは現在の市場状況を認識しており、SANGOプロジェクトが次のサイクルにさらに進み、約束どおりに発展する必要があることを理解しています!
このため、セールサイクルをさらに進め、木曜日の午前10時にサイクル2に進むことをお知らせしたいと思います。私たちのチームは、条件に関係なく、これからはプロジェクトが約束どおりにサイクルを進めるという決定を下しました。各サイクルは、他の延期なしに30日間続きます。
トークンが市場にリリースされると、売れ残ったコインは焼却されます。
しかし、現在の市況と、その他のマーケティング上の理由(ホリデーシーズンや1月と2月の世界中の販売の通常の減速など)を考慮し、SANGOの上場を延期。2023年第1四半期までの5%リリース。
おそらくご存知のとおり、チームによる公式発表まで、リストに関する詳細を提供することはできません。
皆様の信頼とご理解に感謝し、共にCARとアフリカの未来を変えていきましょう。

中央アフリカ共和国が公式仮想通貨ハブ「サンゴ」を立ち上げる

2022.05.26

エルサルバドルに続いてビットコインを法定通貨として採用した 2 番目の国である中央アフリカ共和国は、仮想通貨の世界で注目を集めている。同国は、イノベーションを促進し、ビジネスを引き付けるため、2022年7月にSangoCoinを搭載したSango仮想通貨ハブを立ち上げている。

Sango Project「Sango Coin Genesis Event – Official Launch, Project Supported by the Central African Republic(日本語訳:Sango Coin正式ローンチ、中央アフリカ共和国が支援するプロジェクト)」より画像引用

※動画は全編中央アフリカの公用語であるサンゴ語で放映されていることから、翻訳が必要な場合は、画面右下に表示されている「字幕」アイコンをクリック。続いて、右隣に表示されている「設定」アイコンをクリックし、表示されているメニューの中から、「字幕」⇒「自動翻訳」⇒「日本語訳」の順に設定することで、大まかな日本語訳が表示されます。

SangoCoinは、中央アフリカ共和国の発展のために10億ドル(約1,320億円)を調達することを目的としていたものの、大手メディアロイターの報道によると、166万ドル(約2.2億円)相当のSangoCoinしか販売されていない。公式サイトによると、SangoCoinは0.45ドル(約60円)で上場されるとみられている。SangoCoinはビットコイン(Bitcoin/BTC)に支えられており、市民権、E-Residency、土地財産など、さまざまなメリットを提供することを目的としている。

現在の市況によりSangoCoinのローンチが遅れる

電報の発表によると、遅延は現在の市況によるもので、このプロジェクトでは、ホリデーシーズンと、通常のように世界中で売り上げが落ち込んでいることも考慮し、上場が遅れている。

日本語訳:
このプロジェクトは苦労する価値があったとは思わないので、残念です。言い訳や話が多すぎて、しかも5%って何?これだけ待った後、次のバッチは2024年に届きます。うーん

開発チームは上場について、2023年第1四半期に延期。SangoCoinの上場に関する詳細はあまり知られていないことから、コミュニティはこのプロジェクトに失望しており、「言い訳や話が多すぎる」ため、問題を起こす価値はないと考えているという。

SangoCoinの本格採用への道のりは遠い

仮想通貨の採用と規制に向けて大胆な一歩を踏み出した国は、中央アフリカ共和国だけではない。

ナイジェリアでは、世界経済の革新に遅れないよう、仮想通貨規制計画を発表。ナイジェリアは2021年に仮想通貨取引を禁止したものの、国民の間で仮想通貨の人気が高まり続けているため、規制による完全封じ込めはできていない。

中央アフリカ共和国では、ブロックチェーンと仮想通貨技術の可能性を探求することを熱望しているが、有意義な進歩を遂げる前に解決しなければならない規制上の問題がまだ多く立ちはだかっている。IMF(International Monetary Fund:国際通貨基金)は、不十分な市場の苦境の中で暗号資産の需要が高まる中、アフリカ諸国が規制を改善する必要があることを強く示唆している。IMFの報告 によると、中央アフリカ共和国は現在、サハラ以南アフリカでデジタル通貨に公式の法的機能を提供している唯一の国となっている。

The post 中央アフリカ共和国はSangoCoin(サンゴコイン)の発売を延期 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です