中国EV大手ニオ、3億円ビットコインの身代金要求を拒否

ハッカーがニオを脅迫中国の電気自動車(EV)メーカー、NIO(ニオ)は20日、ハッカーにビットコイン(BTC)で身代金を要求されていたと明かした。ブルームバーグが報じた。ハッカーグループは、ニオに電子メールを送り、約3億円(225万ドル)のビットコインを支払わなければ、盗まれたデータを公開すると脅迫していた。内部調査の結果、同社の2021年8月以前のユーザーと車両販売情報データの一部が漏洩していたことが判明したという。しかし、ニオは身代金支払いを拒否。「このような不法行為を強く非難し、サイバー犯罪に屈する…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です