ロシアは厳しい経済的窮地からの地位を取り戻すためにデジタル通貨に頼る

ロシアはデジタル通貨に頼って経済的窮地脱却を目指す

ロシアの下院議会は、より国内の仮想通貨市場のための市場を作ることを目的とした法案がすでに進行中であり、3カ国以上の政府関係者が法案を作成したことから、ロシアが世界的な景気後退から最速で脱出しようとしていることが分かった。

ロシアによるウクライナ侵攻の決定に対する制裁は、ロシアを厳しい経済的窮地に追い込んでいる。経済的地位を取り戻し、世界的な強みを高めるためにロシアは、デジタル通貨に頼っているのが現状だ。2023年1月1日にこの法律は、仮想通貨マイニングと、前述の日付内にマイニングされたデジタル通貨の販売を合法化することを目指しており、法案には次のように記載されている。

マイニングの結果として得られたデジタル通貨は、取引が行われた場合を除いて、ロシアの情報インフラストラクチャーがそれとの取引に使用されないという条件で、確立された実験的な法的体制に従い、このデジタル通貨のマイニングを行った人が処分できます。

仮想通貨マイナーとその労働も重要な考慮事項であり、法案が指摘しているように、マイナーは国が両手を広げて彼らを歓迎することを望んでいるため、法案通過が必要不可欠である。

ロシアは仮想通貨マイニングに門戸を開き仮想通貨使用を拒否

ロシアの下院金融市場委員会のアナトリー・アクサコフ(Anatoly Aksakov)議員が明らかにしたように、財務省も法案への支持を示しており、同委員会がすでに法案を真剣に検討しているとして次のように語っている。

これに人生を捧げてきた大規模なマイナーは、彼らの活動を法的な空間に導入して、法執行機関を含む彼らをチェックする構造に恐怖を感じないよう、通常どおり働き、税金を支払います。したがって、法律が非常に必要であることは明らかです。

一方、ロシア銀行(Rossiya Bank)からは依然として大規模な反発があり、12月16日に開催された最近の記者会見で、ロシア銀行のエリヴィラ・ナビウリナ(Elvira Nabiullina)総裁は、仮想通貨は実験としてのみ許可されることを明らかにした。仮想通貨取引は、「認定された組織」が移動の背後にあるという条件でのみ許可されるとのこと。同総裁は、デジタル通貨が投資家にもたらすリスクを国の決定の主な要因として挙げ、厳格な政策の理由を説明している。

ロシアは仮想通貨市場を覆せるのか

仮想通貨市場は数日間ほとんど動きが見られないのが現状だ。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)は、しばらくの間大きな動きがなく、16,000ドル(約220万円)前後で停滞している。ロシアがデジタル通貨の使用を実験する際にビットコインを採用した場合、ビットコインにとって大きな後押しになる可能性があり、仮想通貨市場からも高い関心が寄せられている。

The post ロシアは厳しい経済的窮地からの地位を取り戻すためにデジタル通貨に頼る first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です