OKX はAlibaba Cloud機器の異常による断続的な停止を理由に一時停止

OKXでAlibaba Cloud機器異常による一時停止が発生

人気の仮想通貨取引所OKX(オーケーエックス、※旧名:OKEx)は、クラウドプロバイダーとの接続問題が発生したことを理由に、一時停止していたことが明らかになった。

日本語訳:
現在、クラウドプロバイダーとの間で断続的な接続エラーが発生しており、ユーザーエクスペリエンスに影響を与えています。私たちの開発チームは彼らと一緒にそれを解決しています。資金は安全です。不便をかけてごめんなさい。

OKXは、中国のテクノロジー企業アリババグループ(阿里巴巴集团)のクラウドコンピューティングサービス部門のAlibaba Cloudを使用しており、香港ゾーンCの設備障害をまだ修理中であることを明らかにし、OKX開発者は協議中であり、すでにクラウドプロバイダーにできるだけ早く問題を解決するよう促しているとのことだ。

停止に至った理由と詳細

OKXはダウンタイムについて、クラウドサービスプロバイダーのハードウェアの問題であったと主張する状況についての更新をリリースし、今後このようなことがないように、OKXは単一のクラウドプロバイダーへの依存からの脱却を表明している。

同取引所は、すべての資金は安全であり、ユーザーが取引を修正またはキャンセルできる期間を20分間設ける予定を発表。実際、プレスタイムの時点で、OKXのステータスページには、OKXがプラットフォーム上で入金や出金を処理していないことが示されており、3rdクラウドサービスエラーのため、これらのサービスが停止しているとのこと。さらに、今回の事件に先立ち、別の仮想通貨取引所であるGate.ioは、断続的な接続中断により、ユーザーの入出金に遅延が発生する可能性があると述べている。同取引所は、詳細な情報が入り次第、正確なタイミングをアナウンスで提供するとしているが、一部のホットウォレットも影響を受けており、10時間以上出金処理が行われていない。

一方で、11月のFTXの崩壊以来、中央集権的な仮想通貨取引所は監視の目を強めており、米国に拠点を置く主要な暗号プラットフォームであるGeminiは、12月16日に定期メンテナンスのために数時間オフラインになっている。ほかにも、Binanceのような他の仮想通貨取引所についても、過去1週間に引き出しの急増を記録しており、同取引所は50億ドル(約6857.8億円)以上の出金を処理し、ジャオ・チャンペン(Zhao Changpeng)CEO(最高経営責任者)は同社を取り巻くすべてのFUD(※悪い噂)を反証したとのこと。

しかし、いくつかの監査法人は仮想通貨取引所のクライアントを捨てるに至っており、ヘッジファンドマネージャーのマイケル・バリー(Michael Burry)氏は最近、仮想通貨取引所の監査は基本的に意味がないとツイートしている。というのも、この業界の監査プロセスは経験と専門的な専門知識の不足のために困難であると報告しており、仮想通貨に関する監査には多くの課題があることを示唆している。

The post OKX はAlibaba Cloud機器の異常による断続的な停止を理由に一時停止 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です