国連はステラ(Stellar)ブロックチェーンを使用してウクライナ人に財政援助へ

国連はステラブロックチェーンからウクライナ人に財政援助へ

ステラ(Stellar)ブロックチェーンを使用することで、UNHCR(United Nations High Commissioner for Refugees:国連難民高等弁務官事務所)は、SDF(Stellar Development Foundation:ステラ開発財団)とのパートナーシップを発表し、必要としているウクライナ人に送金するためのデジタル現金支払いシステムを試験運用することを発表した事が分かった。

日本語訳:
RESCUEorgとStellarOrgは、今日ウクライナで利用できる、この種では初のブロックチェーンを利用した援助支払いシステムを発表しました。

UNHCRは、迫害や政治紛争によって避難を余儀なくされた難民や難民の保護を任務とする国連機関であり、USDコイン(USD Coin/USDC)を送ることが容易になる。ステラは、「Stellar Aid Assist」パイロット プロジェクトを通じ、国連の援助を即座に提供することに注力していくとのこと。プロジェクト公式サイトによると、Stellar Aid Assist は、「有資格のウクライナ人に、携帯電話に直接送信されるUSDCを通じて財政支援を提供するため、すでに使用されており、UNHCRは次のように語っている。

適格なウクライナ人は、参加している救援組織に登録して、Vibrant Walletを通じてデジタル救援援助を受け取り、参加しているMoneyGramで現金で資金を受け取ることができます。

なお、パイロット期間中UNHCRは、援助受領者の適格性を確認すると、USDCステーブルコインで資金を分配し、お金は、受取人が携帯電話にダウンロードしたVibrant Walletに直接送られるとのこと。

Stellar Aid と国連がウクライナ人を支援

ステラとVibrantのおかげで、国連は従来のチャネルよりも迅速かつ安価に送金できる。

また、戦争でウクライナの銀行インフラが被害を受けているため、銀行口座を持たない人や銀行を利用できない人の数が増加している環境下で、銀行に依存しないソリューションが最も重要となっている。デジタルで提供される現金助成金は、物理的な紙幣を保管または移動が困難または危険な場合、不換紙幣を処理するための代替手段を提供することを目的としている。MoneyGramとのパートナーシップのおかげで、ウクライナ国民は、銀行口座やクレジットカードやデビットカードを持っていなくても効果的な支援を迅速に受けられる。

ステラと国際救済委員会による支援

これまでのところ、ステラと、政治的、宗教的、または民族的理由で迫害されている人々を支援するために設立された NGOであるIRC(International Rescue Committee:国際救済委員会)は、年末までに手を差し伸べたいと考えている100人のうち、すでに33人を支援している。

Stellar Aid Assistを使用して困っている人々に送金する利点の1つは、送金プロセス全体をすぐに追跡できるため、資金の盗難や流用を防ぎ、すべての寄付者に透明性を提供できることである。UNHCRのウクライナ代表カロリナ・リンドホルム・ビリング(Karolina Lindholm Billing)氏は、両組織がスStellar Aid Assistのテストにウクライナを選んだことを非常に喜んでいると語っている。IRCのデビッド・ミリバンド(David Miliband)プレジデント兼CEO(最高経営責任者)は、Stellar とのパートナーシップにより、ブロックチェーン技術を活用することで、ウクライナ人が「必要な現金支援を受ける」ための新しい方法を提供できるようになったと語っている。

Stellar Development Foundation (SDF) の CEO 兼エグゼクティブ ディレクターである Denelle Dixon 氏は、財団が IRC と協力して、Stellar Aid Assist による人道支援の提供を開拓できることを誇りに思っていると述べました。

なお、同システムは、キエフ、リヴィウ、ビニツィアで試験運用されており、ウクライナの他の町や都市にも拡大される予定です。

The post 国連はステラ(Stellar)ブロックチェーンを使用してウクライナ人に財政援助へ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です