Operaが仮想通貨ユーザー向け新Web3セキュリティツールを発表

Operaが新Web3セキュリティツールを発表

主要Web3ブラウザーであるOperaが12月15日(木曜日)に発表した一連の新セキュリティ機能により、仮想通貨ユーザーはより安全にWebを閲覧できるようになった事が発表された。

Operaによると、新ブラウザー機能はWeb3 Guardの一部であり、ユーザーがデバイスに別のセキュリティレイヤーを追加することにより、悪意あるアクターから保護するのに役立つとのこと。Opera Crypto Browser で利用できるこのツールには、疑わしいサイト、dApps(分散型アプリケーション)、シードフレーズフィッシング攻撃に対する保護機能が含まれているとのこと。

仮想通貨ユーザーの安全な閲覧をサポートするWeb3ガード

仮想通貨は、Opera Crypto Browserを介して保護を強化でき、新Web3 Guard 機能は、Web2サイトにシームレスに統合されるとのこと。

例えば…、組み込みのDappチェックツールは、疑わしいコードや監査済みコードなどのセキュリティリスクをスキャンし、Seed Phrase Phishingチェックツールはウェブページをスキャンして潜在的なフィッシング攻撃の兆候を探し出すとのこと。その他の利点には、どこでもHTTPSを有効にすることが含まれ、アクセスするウェブサイトが適切な暗号化プロトコルを使用していることを確認できるという。Opera のシニアプロダクトマネージャーであるダニー・ヤオ(Danny Yao)氏は、公式発表の中で次のように述べている。

今日ほとんどの人が使用している現在のブラウザーは、Web3の複雑さを処理するように構築されていません。このリリースでは、人々がWeb3アプリケーションをより安全な方法で使用できるようにする専用のセキュリティ機能により、大きな飛躍を遂げています。

Operaによる追加の暗号化セキュリティツールのリリースは、サイバー攻撃や詐欺に対するユーザーの脆弱性が高まる中で行われたものである。12月の第1週に、Operaはプラットフォームに新NFT機能を導入し、ユーザーがブラウザーを通じて広大なNFTエコシステムを探索できるようにしている。

The post Operaが仮想通貨ユーザー向け新Web3セキュリティツールを発表 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です