MetaMaskがConsenSysと提携し、米国ユーザーの支払いを統合

MetaMaskとPayPalが提携

MetaMaskを開発したConsenSys社は、Web3企業として初めてオンライン金融サービス大手PayPalと提携したことが明らかになった。

日本語訳:
米国のユーザーは、PayPal経由でETHを使用してウォレットに入金できるようになりました。
米国では今後数週間以内に展開されます。ハワイ、モバイル アプリから (必ずv5.13に更新してください。

ConsenSysはプレスリリースの中で、今回の提携によってMetaMaskのウォレットアプリ内支払いオプションとしてPayPalが統合されることを発表しており、米国のMetaMaskユーザーは、イーサリアム(Ethereum/ETH)の購入代金をウォレット内からPayPalのアカウントで支払えるようになった。

MetaMaskはすでにこの機能を米国の一部のユーザーに展開しており、今後数週間のうちに米国の他の顧客にも搭載する計画が進行中とのこと。また、ConsenSysのプロダクト・マネージャーであるロレンゾ・サントス(Lorenzo Santos)氏は、この統合により、MetaMaskを通じた仮想通貨の購入がシームレスになると述べており、ユーザーはセルフカスタマイズウォレットを通じてWeb3のエコシステムを簡単に探索できるようになると期待されている。

Web3エコシステムを簡単に検索

PayPalとの統合により、ConsenSysの米国ユーザーはMetaMaskを通じてシームレスに仮想通貨を購入できるだけでなく、Web3エコシステムを簡単に探索できるようになる。

より多くのユーザーをWeb3エコシステムに参加させることを意図している。実際、MetaMaskユーザーは現在、VisaやMasterCardが発行するデビットカードやクレジットカードで仮想通貨の購入代金を支払えるほか、Google PayやApple Payなどのデジタルウォレットや、米国と欧州の一部の銀行からの銀行振り込みもサポートされている。

ConsenSysの今回のパートナーシップは、PayPalが6月に同社のプラットフォームといくつかの人気仮想通貨取引所やウォレット間での転送を可能にした後に行われたものである。PayPalのデジタル通貨担当上級副社長ホセ・フェルナンデス・ダ・ポンテ(Jose Fernandez da Ponte)氏は次のように語っている。

PayPalは決済とコマースの会社であるため、仮想通貨へのアクセスを増やすことを目的としています。同プラットフォームがサポートする仮想通貨は現在、ビットコイン(Bitcoin/BTC)、イーサリアム、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)、ライトコイン(Litecoin/LTC)であり、今後これらは増える予定です。

Web3の採用に前向きなのはPayPalだけではなく、他の主流プラットフォームも、仮想通過統合のカストディアル・オンリーモデルからの脱却を進めており、マルチアセット仲介プラットフォームであるRobinhood(ロビンフッド)も、仮想通貨サービスの拡大を発表している。同様に、PayPalの競合であるStripeも、Web3企業が顧客がフィアット(法定通貨)通貨で仮想通貨を購入できるようにするための独自ツールを立ち上げており、このツールはパートナーのために詐欺、コンプライアンス、KYC(本人確認)チェックも処理するとのことだ。

The post MetaMaskがConsenSysと提携し、米国ユーザーの支払いを統合 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です