マイクロストラテジー前CEO、イーサリアム没落の可能性を主張

マイクロストラテジー(MicroStrategy)社の前CEO(最高経営責任者)で、ビットコイン(BTC)マキシマリストとしても有名なマイケル・セイラー(Michael Saylor)氏は、イーサリアム(ETH)が今後、2022年5月に崩壊したルナ(LUNA)と同じ道をたどる可能性について警告しています。

暗号資産(仮想通貨)市場ではルナ崩壊の余波が広がっており、名のある仮想通貨企業の破綻にも影響しています。その状況でセイラー氏が指摘するのは、イーサリアムのようなPoS(プルーフ・オブ・ステーク)のネットワークが、かつてのテラ(Terra)のように崩壊する可能性です。

果たしてイーサリアムは危険な状態なのか?

セイラー氏は自身のツイッターで、イーサリアムがルナと同レベルのリスクを抱えていることを指摘しています。彼は基本的にビットコインと他の仮想通貨とを比較して議論をしますが、イーサリアムは不安定だと信じているようです。

彼のTwitterにはトレーダー・ユニバーシティー(Trader University)のYouTubeビデオがリンクされており、イーサリアム・ブロックチェーンの詳細と、PoSネットワークが抱える問題について解説しています。その中で注目すべき点は、イーサリアムのネットワークがステークされたETHに依存しており、現在多くのETHが引き出せない状態でステーキングされているという内容です。

トレーダー・ユニバーシティーの創業者であるマシュー・クラッター(Matthew R. Kratter)氏は、一度引き出しのコードが利用可能になり、しかもETHの価格が一段と下落したら、ユーザーはステーキングを止める方向に動くだろうと述べています。

ビデオの終盤でクラッター氏は、カルダノ(Cardano)やイーサリアムのようなPoSネットワークが、破滅的な内部破裂のリスクを抱えていないかどうか検証することを、レギュレーターに対して訴えかけています。それがルナのような惨事を防ぐ、有効な手段になると言うのです。

セイラー氏はツイッターの中で、「ビットコインはPoW(プルーフオブワーク)とASIC(特定用途向け集積回路)技術により、安定的で強固な、そして発展的なセキュリティ性能と効率性を備えて設計されている。一方のPoSプロトコルは、そのぜい弱な設計のせいで、先天的に不安定で非効率であり、不明瞭でハイリスクだ」と痛烈にイーサリアムを批判しています。

イーサリアムの支持者は激怒

セイラー氏は根っからのビットコイン愛好者であり、しかもキシマリストの代表として知られています。また彼がイーサリアムをこき下ろすのは、今回が初めてではありません。しかし今回のツイッターへの投稿は、イーサリアムのサポーターの怒りに火をつけてしまったようです。

サポーターの1人は、セイラー氏の指揮下で行われたマイクロストラテジーの投資について引き合いに出しています。直近のビットコイン投資で、同社はまだ未公表の損失を被っているとのことです。
さらに、もし同じ投資をイーサリアムのステーキングで行っていたら、反対に同社は利益を確保することに成功していただろうとも述べています。

それでもセイラー氏は、ビットコインの強力なサポーターであることを強調しています。直近の彼ツイッターの投稿では、電球の中で輝くビットコインの写真に「ビットコインは永遠に輝くライトである」というタイトルが添えられています。

参考
Bitcoin Maximalist Michael Saylor Says Ethereum Could Collapse Like LUNA

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】FTX前CEO「投資家搾取」でSECから別件起訴 仮想通貨顧客資産の使い込みの疑い
2024年半減期にビットコイン1億円越えの可能性、PlanB氏のS2Fモデル
暗号資産CFDとは?対応業者を徹底比較

The post マイクロストラテジー前CEO、イーサリアム没落の可能性を主張 first appeared on CoinChoice(コインチョイス).

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です