15日朝の金融市場短観|FOMC利上げ減速もパウエル議長タカ派維持

12/15(木)朝の相場動向(前日比)
伝統金融NYダウ:33,921ドル-0.5%ナスダック:11,154ドル-0.9%日経平均:28,156円+0.7%米ドル指数:103.5-0.3%米国債10年:年利回り3.4%-0.8%原油先物:77.3ドル+2.6%金先物:1,819ドル-0.3%暗号資産ビットコイン:17,823ドル+0.4%イーサリアム:1,311ドル-0.7%
今日のニューヨークダウはFOMCの利上げ結果とパウエル議長の会見を受けて反落。13日インフレ減速を示すCPIを受けて市場は全面高だ…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です