バミューダの銀行がPolygonでJUSDステーブルコインをローンチ

バミューダの銀行がPolygonでステーブルコインをローンチ

バミューダ初の認可を受けたデジタル銀行であるジュエル銀行(Jewel Bank)は12月12日(月曜日)、完全に裏付けられたステーブルコインであるジュエルUSD(JewelUSD/JUSD)をポリゴン(Polygon)で発行すると発表した事が分かった。

日本語訳:
ジュエル バンクがバミューダ通貨庁から完全な銀行ライセンスとDABAライセンスを発行されたことをお知らせできることをうれしく思います。これは、デジタル資産市場の画期的な出来事であり、信頼できるグローバル バンキングおよびデジタル資産インフラストラクチャー開発においても重要です。

声明の中で同銀行は、銀行が米ドルに対して最低1:1の準備率を維持することを強調。JUSD準備金の月次および四半期ごとの更新を維持することによって安全性を確保すると述べている。

ジュエル銀行は決済ソリューションにPolygonを使用

ジュエル銀行は商用および小売の決済ソリューションにPolygonエコシステムを使用する。

Polygon は、スターバックスやナイキとパートナーシップを確保することによって、エコシステムとして成長し続けているブロックチェーンである。Polygonは現在、イーサリアム(Ethereum)ベースのL2(Layer2)スケーリングソリューションで20以上のステーブルコインの取引を促進しており、ジュエル銀行の創設者兼会長であるチャンス・バーネット(Chance Barnett)氏は次のように述べている。

Polygonとのパートナーシップは、銀行レベルの安全性、スピード、セキュリティをステーブルコインにもたらす長期的なステーブルコインインフラストラクチャーの重要な部分を強化するのに役立ちます。

公式発表によると同銀行は、6月にバミューダ通貨庁からステーブルコインの発行を認可された初の銀行であり、20年ぶりに同国初の新しい銀行となり、初のデジタル銀行となった。バーネット会長は以前の声明で、機関投資家の銀行インフラ欠如が、米国外の高成長のデジタル資産取引所や機関にとって欠けている部分であることに言及。同銀行のような規制対象のエンティティが現在この分野に参入しているため、切望されていた流動性、信頼性、規模、法定通貨の増加とステーブルコインの支払いに対する需要がもたらされることが期待されている。

なお、同銀行はJUSD ベースのインフラストラクチャーを拡張し、機関、ビジネス、および個人の支払いを含める計画を立てている。また、デジタル銀行の規制、技術、コンプライアンス機能を必要とする他の銀行や銀行以外の金融機関に、ステーブルコインを「サービスとして」発行する予定とのこと。

The post バミューダの銀行がPolygonでJUSDステーブルコインをローンチ first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です