ドイツの規制当局が世界の規制当局に仮想通貨ルールを施行するよう要請

ドイツの規制当局が世界の規制当局に仮想通貨ルール施行を要請

ドイツの金融市場規制当局BaFin(Bundesanstalt für Finanzdienstleistungsaufsicht=ドイツ連邦金融監督庁)のマーク・ブランソン(Mark Branson)氏は、世界の当局に協力し、仮想通貨業界に適切な法律を課すよう促したことが分かった。

同氏は、グローバルな仮想通貨規制の枠組みには、「世界的なソリューション」が必要であると示唆。そのような規則は、追加の顧客保護を提供し、違法行為での資産クラスの使用を防げると同氏は主張している。

今がそのチャンス

ブランソン氏によると、現在の仮想通貨セクターの監督は、悪意のある人物を遠ざけるほど厳格ではなく、この業界を大人の遊び場として成長させようというのは間違った動きだと指摘している。

同氏は、すべての国の政府が手を取り合い、包括的な規制の枠組みをできるだけ早く形成すべきだと考えており、次のように語っている。

今こそ、深刻な仮想通貨規制の時です。最も重要な点は、ヨーロッパのソリューションだけが必要ではないということです。世界規模のソリューションが必要です。

ブランソン氏はブロックチェーン支持者

ブランソン氏は以前、ブロックチェーン技術が「革新の波」をもたらすと述べ、ブロックチェーン技術の支持者であることを表明していた。

ただし、今回の目新しさは投資家に害を及ぼす可能性のあるフリーローダー(freeloader=たかり屋)と詐欺師を連れてくる可能性があることが危惧されている。また、重大なリスクを伴うものもあるため、投資する仮想通貨プロジェクトに注意するよう同氏は消費者に警告している。

現時点では、業界が世界の通貨の安定に脅威を与えることはないものの、議員が必要な措置を講じなければ状況が変わる可能性があるとブランソン氏は語っている。

ドイツの仮想通貨環境

2022年初めに実施されたアイルランドの仮想通貨分析企業Coincub調査でドイツは「acceptance of cryptocurrency and groundbreaking decision(日本語訳:仮想通貨の受け入れと、画期的な決定」に基づいて、世界中で最も仮想通貨に優しい国であると判断されている

EU(欧州連合)の主要経済国は、すでに特定の規則を適用している。例えば…、必要なライセンスを持つ銀行だけがビットコイン(Bitcoin/BTC)と代替コインを取り扱える。当局は仮想通貨課税基準も導入しており、仮想通貨取引で600ユーロ(約87,000円)以上の利益を上げた個人は、45%と5.5%の連帯税を支払う義務がある。財務省は5月に特定の修正を適用し、1年以上隠し場所を保持している人は課税対象にならないとして、次のように述べている。

個人の場合、購入したビットコインとイーサリアムの販売は、1年後に非課税になります。

なお、かつてドイツに居住する者は、課税を免除されるために最低10年間仮想通貨の所有物を保持する必要があった。

The post ドイツの規制当局が世界の規制当局に仮想通貨ルールを施行するよう要請 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です