データ会社によると、バイナンスの出金は24時間で20億ドルを超える

Binanceの出勤額は24時間で20億ドルを超える

ブロックチェーンデータ会社のNansen(ナンセン)の調査によると、仮想通貨取引所Binanceは、過去24時間に20億ドル(約2711.6億円)の引き出しを記録したと発表したことが明らかになった。

日本語訳:
バイナンスは、12月12日以降の正味流出額が2Bを超え、6月以来最高の日々の出金を記録しています。
ETH & ERC20 トークンのみ

今回の引き出し量を受けてBinanceは、ステーブルコインであるUSDコイン(USDCoin/ USDC)の引き出しを一時的に停止したとのこと。イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーンに基づくトークンの20億ドルの引き出しは、6月13日以来、24時間にわたる1日の最大の流出を示し、Nansenのデータは、過去7日間に引き出された資金の大部分を占めていることを示したとのこと。Binanceのジャオ・チャンペン(Zhao Changpeng)CEO(最高経営責任者)は次のように語っている。

引き出しは通常通りです。われわれは今日、いくつかの引き出しを確認しましたが(純額1.14B)。私たちは以前にもこのようなことがありました。ある日は正味の引き出しがあり、ある日は正味の入金があります。

顧客資金の移動はセンシティブな問題

Binanceや、現在破産した元ライバルのFTXなどの仮想通貨取引所が、顧客の預金をどのように扱うかは、ユーザーや規制当局から厳しい監視の下にあるため、引き出し停止はセンシティブな問題であるとされている。

実際、FTXの創設者であるサム・バンクマン-フリード(sam bankman-fried)氏は、顧客から集めた資金を不正に利用したとして、米国証券取引委員会から投資家を詐取した罪で起訴。そのため、BinanceがUSDCの引き出し要求を満たすのに十分なUSDCを持っているかどうかが議論になっており、Binanceの広報担当者は、出金要求に応えるために常に十分すぎるほどの資金を持っていると回答している。

しかし、資金をオフラインのウォレットからオンラインのホットデジタルウォレットに資金を移動したり、ステーブルコインを相互に変換したり、ネットワークのアップグレードを実行する必要があり、時には遅延を引き起こすかもしれないと述べている。特に、Binanceはすでに当局の圧力にさらされており、DOJ(米国司法省)の検察官間の分裂が、Binanceの米国マネーロンダリング(資金洗浄)防止法および制裁措置の遵守に焦点を当てた長期間の犯罪捜査の結論を遅らせていると報じられている。

Binanceは社Binance USDに自動変換すると発表

Binanceは2022年9月、USDCと他の2つのステーブルコインのユーザー残高と新規入金を、自社のステーブルコインである「Binance USD」に自動変換すると発表している。

これに対してサークルの最高戦略責任者兼グローバルポリシー責任者のダンテ・ディスパルテ(Dante Disparte)氏は、バイナンスがUSDCで行ったような方法で資産を交換する場合、流動性と償還に関連する課題が発生すると指摘しており、次のように述べている。

流動性のあるドル建てデジタル通貨の特徴は、オンデマンドで、ストレスのある状況でも常に額面で償還可能であることだ。

The post データ会社によると、バイナンスの出金は24時間で20億ドルを超える first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です