DeFi Yield ProtocoがDypiusとしてリブランド

DeFi Yield ProtocがDypiusへリブランディングを発表

仮想通貨市場での成功を経験したDeFi Yield Protocolは、社名をDypiusへのリブランディングを発表したことがわかった。

日本語訳:
DYPの新しいイメージであるDypiusは、新しく改善されたプラットフォームを探索するように誘います。
宇宙全体を作成できるのに、なぜ小さなエコシステムの一部になるのでしょうか?
Dypius – あらゆる機会を受け入れてください!

Dypiusは、旧DeFi Yield Protocolとして、イールドファーミング、ステーキング、NFT、分析ツール、Metaverseゲームなど、数多くの汎用的なソリューションを組み込んだ急速に発展しているDeFi(分散型金融)エコシステムである。アンチ・マニピュレーション機能を使用した独自のスマートコントラクト上で実行されるとのことだ。DeFi Yield Protocolは、分散型金融の黎明期にDeFiプロトコルとしてスタート。3つのブロックチェーンで稼ぐ機会を提供してきたが、それ以上のものに発展していくため、チームは複数のDeFiプロダクトやサービスによる分散型エコシステムの構築を目指したとのこと。

Dypiusはより密度の高い領域を形成していくことを表現

今回リブランドされたDypiusという名称には、銀河系にある「星雲」の接尾辞を持ち、星雲とは、宇宙の中でガスや塵などの物質がかたまりとなり、より密度の高い領域を形成していくことを表現しているという。

DeFi Yield Protocolは仮想通貨市場とそのユーザーに価値をもたらす12のユニークな製品を含むまでに拡大。これらのソリューションには、リアルタイムデータ、市場洞察、ニュース速報、最新市場動向に関する最新情報を提供する高度分析ツールDYPツールが含まれ、ユーザーがより良い情報に基づいた意思決定を行えるよう支援するとのこと。

新しく生まれ変わったDypiusは、DYP Toolsをエコシステムの最も魅力的な機能の一つとして維持しており、Dypius Launchpadも同様で、分散型環境での資金調達とDypiusのグローバルコミュニティへの露出を支援することで、新しいプロジェクトをサポートする予定とのことだ。さらに、チームはCAWS NFTコレクションを統合したユニークなメタバースプラットフォームであるDypius Metaverseを開発中であり、リアルタイムでのユーザーとの対話、ユーザーのカスタマイズなど、没入感のある体験を提供することになるとのこと。このプラットフォームには、スタンドアロンアプリケーションとPCVR(Play-to-Earn)ゲームが含まれ、プレイヤーはNFTを仲間にしてさまざまな冒険をしたり、仮想通貨のポートフォリオをチェックしたりすることができる。DeFi Yield Protocolの創設者ミハイ・ビシカ(Mihai Busica)氏は次のようにコメントしている。

私は当初から、ユーザーがアクセスしやすく安全な環境で利益を得られるようなプロジェクトを思い描いてきました。われわれの専門家チームの献身と、シンプルなプロトコルから高度な分散型エコシステムへのプロジェクトの歩みを非常に誇りに思っています。ユーザーの皆様には、エコシステムの探索を楽しみ、それぞれの機会を受け入れていただきたいと思います。

The post DeFi Yield ProtocoがDypiusとしてリブランド first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です