Binanceの準備金レポートは、取引所が懸念を鎮めるにつれて分析される

Binance準備金レポートの分析される

世界最大の仮想通貨取引所Binanceは、投資家の懸念を和らげるために奮闘しており、準備金の証明によってユーザーによる懸念を同取引所が鎮めるにつれて分析されている事が分かった。

仮想通貨の冬が長引き、複数の仮想通貨関連企業の崩壊によって仮想通貨市場は大荒れの様相を呈している。大手仮想通貨取引所Binanceと、最近リリースされた準備金の証拠に打撃を与え、メディアは投資家に対し、まだ準備金レポートに満足すべきではないと述べた会計専門家と会談したと報告。当NEXTMONEYの12月9日付け特集記事「Binance のビットコインリザーブは101% 裏付けられていると監査人が確認」で報じているように、Binanceは仮想通貨ウォレットの保有に関するデータを公開。同社は預金について、101%裏打ちされていると主張した。

情報の欠けた報告書とウォールストジャーナルの報道

ニューヨークのBaruch Collegeのダグラス・カーマイケル(Douglas Carmichael)会計学教授によると、グローバル監査会社Mazarsが発表した報告書には情報が欠けていた。

また、大手メディアのウォールストリートの報道によると、Binanceの準備金が101%ではなく、97%担保化されると主張したビットコイン(Bitcoin/BTC)価格の不一致について、同社が主張していたように101%ではないと指摘した。この件について、同取引祖の広報担当ジェシカ・ユング(Jessica Jung)氏は次のように語っている。

2万1,860BTCの差額はBinanceのローンプログラムを通じて顧客に行われたBTCローンで構成されています。ローンの担保はBTCではなく、他の通貨です。

他の会計専門家によると、監査報告書には、レバレッジド・ローンをカバーするために資産を流動化するBinanceの内部統制やシステムの詳細は記載されていなかったという。元財務会計基準委員会のメンバーであるハル・シュローダー(Hal Schroeder)氏は、次のようにコメントしている。

米国では、すべての優れたシステムがあるにもかかわらず、銀行が不意を突かれることがあることを私たちは知っています。バハマで見てきたことを考えると、すべてのシステムがそれほど優れていると結論付けたくはありません。

この監査では、Binance の最終的な親会社の名前も開示されなかったものの、ジャオ・チャンペン(Zhao Changpeng)CEO(最高経営責任者)が過半数の所有者であることは確認されている。Binanceは、これらを弁護するため、多額の「ユーザーのための安全な資産ファンド」(SAFU)を保有しており、その金額はすでに10億ドル(約1,373億円)に達している。

Binanceでは怪しい取引も発見される

バイナンスで異常なアルトコイン取引発覚=公正な市場行動とジャオCEO」で報じているように12月11日(日曜日)、Wu Blockchainは、Binanceで疑わしい取引を報告している。

日本語訳:
12月11日、多数のアルトコインOM/AMP/NEXO/POLS/SUN/ARDR/BIFI/XVS/ARK/LOOM/OSMOがバイナンスで逆取引されました。一部のユーザーのAPI KEYがハッカーに盗まれ、3Commasに関連しているようです。

この活動は、3commasから盗まれた API キーに関連している可能性があるとされており、Binance のジャオCEOは、単なる市場の動きのように見えると述べている。

Binance のビットコインリザーブは101% 裏付けられていると監査人が確認

2022.12.09

バイナンスで異常なアルトコイン取引発覚=公正な市場行動とジャオCEO

2022.12.12

The post Binanceの準備金レポートは、取引所が懸念を鎮めるにつれて分析される first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です