電力危機によってキューバの仮想通貨マイニングが停滞

キューバで電力危機が仮想通貨マイニングを停滞させる

カリブ地域で最大の人口を誇るキューバでの仮想通貨マイニングは、カリブ海の島での電力危機により、しばらくの間中断されていることが現地メディアの報道によって分かった。

キューバの複数地域では停電が繰り返されており、キューバの仮想通貨マイニング設備は持続不可能となり、施設によっては操業不可能にさえなっている。絶え間ない停電によってマイニングハードウェアが継続的に中断。その結果、オペレーターの潜在的な収入が妨げられているとのことだ。停電は1日10時間に上っており、さらにハリケーンイアンなどの気象災害により、同国内の発電所の復旧にも時間を要している

仮想通貨マイニングに適さないキューバの送電網

仮想通貨は、キューバで注目に値するレベルの機能を確保しているものの、電力サービスの中断により、仮想通貨マイニング活動の収益性が圧迫されている。

仮想通貨マイニングはかつてキューバ人にとって賢明な投資であると考えられていたものの、キューバ国内の電力網状況により、市民は常にこの問題を解決する方法を模索しているのが現状だ。独自のマイニング装置を構築したレイデル・ゴンザレス(Raydel Gonzalez)と呼ばれる仮想通貨マイナーは、ローカル ニュース サイトCubaNetの取材に対し、マイナーがこの国で経験しなければならない課題と困難について説明し、次のように語っている。

私は、他の多くの人と同じように、安くはない仮想通貨マイニング機器に多額の投資をしていました。停電の出現により、キューバでの仮想通貨マイニングは持続不可能です。

ほかにも、エドゥアルド・ゴメス(Eduardo Gomez)氏のような他のマイナーは、発電所を購入し、この動きによって操業が継続されると考えている。しかし、このような行為がさらに、ガス不足を引き起こし、オフグリッド電力で機能する事業が持続可能な供給源であるという問題をさらに大きくしているのが現状だ。

インターネットも電気的変動の影響を受ける

キューバのマイナーは、自国の電力問題を回避するための他の選択肢を探し続けている。

甚大な被害を受けたもう1つがインターネットで、仮想通貨マイニングにとって不可欠な要素であり、プラントが機能しなくなったため、停電やキューバの燃料不足の影響を受けている。装置を動かし続けていたマイナーは、ボラティリティの結果として別の問題に遭遇。マイナーにとって最も危険な最終手段は、発電所がある場所へと設備を移動させていることだ。これは、より深刻な制裁の脅威に加え、仕事やマイニングハードウェアの喪失など、他の影響を与える可能性もある。

多くのマイナーは、少なくとも投資の一部を補うため、最終的な損失を覚悟のうえでマイニング設備を原価よりも大幅に下回る価格で販売している。

The post 電力危機によってキューバの仮想通貨マイニングが停滞 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です