EU(欧州連合)は現金購入を制限して仮想通貨取引精査を強化

EUが仮想通貨の現金購入を制限へ

EU(欧州連合)は、現金での購入を10,000ユーロ(約144万円)に制限し、1,000ユーロ(約144,000円)を超える仮想通貨取引をより精査することを決定した事が分かった。

欧州理事会によって12月7日(水曜日)に発表され、同理事会はマネーロンダリング(資金洗浄)を防止するための取り組みの一環であると述べた。

仮想通貨の抜け穴を塞ぐための新ルール制定

今回の制限の制定について、チェコのズビニェク・スタンジュラ(Zbyněk Stanjura)財務大臣は次のように語っている。

彼らの意図は、これらの抜け穴をさらに塞ぎ、すべてのEU加盟国でさらに厳しい規則を適用することです。10,000ユーロを超える多額の現金支払いは不可能になります。仮想通貨を売買する際に匿名を維持しようとすることは、はるかに困難になります。

新しいAML/CFT(アンチマネーロンダリング/テロ資金供与対策)規則では、CASP(Crypto-Asset Service Providers:仮想通貨サービスプロバイダー)が 1,000 ユーロを超える取引を行っている顧客に対してデューデリジェンス(※1)を実施する必要がある。自己ホスト型ウォレットは、CASP の出現により、リスク軽減策を強化することが期待されている。

(※1)デューデリジェンスとは…
Due=当然の、正当な、Diligence=精励、努力からあくる造語であり、企業の経営状況および財務状況などを事前に調査する事

またEUは、FATF(金融活動作業部会)の勧告に基づく国分類システムを使用し、各加盟国のマネーロンダリングのリスクを判断しているとのこと

新規制がDeFi(分散型金融)にどう影響するのか

匿名性はDeFi空間の存在に不可欠であるため、新しい要件がどのように実装されるかは不明であるものの、好影響を与えることが期待されている。

規制当局は、DeFiプラットフォーム開発者を標的にする可能性がある。ただし、エンティティがヨーロッパに拠点を置いておらず、準拠しないことを選択した場合、影響はない可能性がある。中央エンティティが DeFi プロトコルを制御していない場合やその背後にある仮想通貨会社を特定できない場合は、さらに困難になる可能性がある。DeFiのリスクとセクターを規制する方法は、規制当局が現在ヨーロッパで検討しているもので、数カ月前にECB(欧州中央銀行)は調査を委託している。この調査では、DeFi規制がDAO、プラットフォーム開発者、およびガバナンストークン所有者をカバーすることを推奨している。

このような動きは、ヨーロッパの DeFiセクターの成長に影響を与える可能性があるものの、集中型仮想通貨プラットフォームは、AML/CFT 標準を既に実装しているため、準拠に問題はない。ヨーロッパの規制当局は、2024年に施行される予定のMiCA(Markets in Crypto Assets=欧州連合の仮想通貨市場)規制が崩壊下仮想通貨取引所FTXの再発を防げるかどうかについても疑問を呈している。

The post EU(欧州連合)は現金購入を制限して仮想通貨取引精査を強化 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です