バイナンスで異常なアルトコイン取引発覚=公正な市場行動とジャオCEO

Binanceで異常取引発覚

Binanceユーザーが、OM、NEXO、AMP、POLS、SUN、ARDR、BIFI、XVS、ARK、LOOM、OSMOなど一部のアルトコインの異常取引を報告したことがBlockchainのツイートによって明らかになった。

日本語訳:
速報: 12 月 11 日、多数のアルトコイン OM / AMP / NEXO / POLS / SUN / ARDR / BIFI / XVS / ARK / LOOM / OSMO がバイナンスで逆取引されました。一部のユーザーの API KEY がハッカーに盗まれ、3Commas に関連しているようです。

異常取引は、ハッカーが自動仮想通貨取引ボットプロバイダーの3Commasを通じて一部のユーザーのAPIキーを盗み、そのアカウントを使って取引を実行しているのではないかという懸念を引き起こしたと報じられた。しかし、BinanceはハッキングやAPIの問題があったことを否定しており、公式アカウントは、今回の取引は侵害されたアカウントや盗まれたAPIキーによるものではなく、資金は安全であるとツイートしている。

日本語訳:
SUN、ARDR、OSMO、FUN、GLMなどの資産を含むBinanceの特定の取引ペアの異常な値動きを認識しています。
私たちのチームは、疑わしいアカウントに関して調査し、適切な措置を講じています。

Binanceのジャオ・チャンポン(Zhao Changpeng)CEO(最高経営責任者)は、これまでの調査で、あるアカウントが資金を預けて買い始め、他のアカウントも同じことを始めたことが分かったと、新たな情報を追加しているが、調査ではアカウント間の関係は示されていない。さらに同CEOは、Binanceがコントラトレードで利益を得ている一部口座の引き出しを一時的にロックしたことを付け加えたことが引き金となり、ソーシャルメディア上のさまざまなアドレスから複数の苦情が寄せられているとのこと。同CEOはこれについて次のように述べている。

プラットフォームからの介入が多すぎる、中央集権的すぎるなどの意見については認識しています。どの程度介入すべきかのバランスはあります。時には、自由な市場でこれらが起こることもあり、それを放置しておく必要があります。

Binanceは問題となった取引活動は、侵害された顧客アカウントや盗まれたAPIキーの結果ではないようだと主張しており、より関連する情報が入手可能になった場合は更新情報を提供すると語っている。

日本語訳:
このアクティビティは、アカウントの侵害やAPIキーの盗難によるものではないようです。資金はSAFUです。
新しい情報があれば、このスレッドを更新します。

同CEOは問題行動を起こすユーザーへの取引を制限することも示唆しており、3Commasに加えてCoinMambaのアカウントへの制限も検討していると述べているとのことだ。

一方で、3Commasは10日にプレスリリースで、プラットフォームとAPIキーへの攻撃に関する質問に対応しており、この投稿では、影響を受けたユーザーに対し、資金を凍結し、回収できる可能性があるため、できるだけ早く警察に届け出るよう促している。また、3Commasのユーザーに対して、フィッシング攻撃に注意するよう警告しており、悪意のある人物によって誤った噂がオンラインで広まっていることを指摘している。

The post バイナンスで異常なアルトコイン取引発覚=公正な市場行動とジャオCEO first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です