米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道

価格操作疑惑を調査か米検察当局は、FTXの創設者で前CEOのサム・バンクマン=フリード氏(SBF)が、暗号資産(仮想通貨)旧TerraUSD(UST)およびLUNAの価格操作を行っていた可能性について調査している。米ニューヨークタイムズが、関係筋の話として報じた。捜査の焦点は、サム氏が大手取引所FTXと関連ヘッジファンド「アラメダ・リサーチ」に利益をもたらすため、アルゴリズム型ステーブルコインUSTとその関連トークンLUNAの価格に影響を与えていたかどうかだ。ステーブルコインとは
価格が常に安定している(…

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です