ナイジェリアはCBDC採用後押しのためにATMの引き出しを制限

ナイジェリア中央銀行がCBBDC採用を視野にATMの引き出しを制限

CBN(Central Bank of Nigeria:ナイジェリア中央銀行)は、地元住民がATM(現金自動預入れ支払い機)から週に最大225ドル(約3万円)を引き出し制限を設定したことが分かった。

CBNは、モバイルトランザクション、クレジット・デビット カード、eNairaの使用を刺激できることを期待している。CBN は、国内で流通する現金の量を減らす方針をすでに確立しており、今回の取り組みは、電子ベース取引を促進し、国内決済システムの開発と近代化を促進することを目的としている。

ナイジェリア中央銀行は現金よりCBDC

ナイジェリア中央銀行はその使命をさらに推し進め、ATMからの現金引き出しを1日あたり45ドル(約6,000円)、1週間あたり225ドルに制限し、個人は5%のサービス料が課せられ、企業はそれを超えると10%を支払うよう定めている。

同銀行のハルナ・ムスタファ(Haruna Mustafa)監督部長は、この措置により、モバイル バンキングアプリケーション、インターネットバンキング、ナイジェリアのeNaira(CBDC)など、代替資金調達方法の利用が促進されると考えている。今回発表された規制は、2023年1月9日から施行されるとのこと。それ以前の1日の現金引き出し限度額は、個人が337ドル(約45,000円)、企業が1,122ドル(約15万円)であった。

CBN は何年も前から現金に対して反対姿勢を見せており、流通している紙幣が多すぎると、腐敗、漏洩、マネーロンダリング(資金洗浄)、その他の詐欺行為を促進すると考えていることが背景にある。また、現金の使用率が高いと、正式な経済の外で多額のお金が発生するため、インフレに対処し、経済成長を促進するための政府の取り組みが制限される。CBDCといえば、アフリカの国はこの分野の世界的リーダー的立場に位置している。CBNは2021年10月に「同じNaira、より多くの可能性」というスローガンの下でeNairaを開始している。

ナイジェリア中央銀行は2022年5月、金融商品の進歩を加速させようとし、地元住民が CBDCを使用して請求書、テレビのサブスクリプション、航空券の支払がができるように整備させている。

The post ナイジェリアはCBDC採用後押しのためにATMの引き出しを制限 first appeared on NEXTMONEY|仮想通貨メディア.

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です